« 低い山 | トップページ | 梅は咲いているのに »

2005/02/26

友との別れ

小学校の時に、切ない分かれを二度経験してる。”切ない”の本当の意味は未だに判らんのだけど、子供ゴコロに喉の奥が苦くなったわ。
一回目は小学校2年や。クラスに今でいう「自閉症」の子がおったよ。自分の前の席で、授業中とか落ち着きが無く、休み時間も給食時間も妙な行動を起こす。それが当時の自分には興味深くて、気がついたら、いつもその子の手を引いていたような記憶があるな。逆上がりが出来なくて教えて欲しいゆうからつきあったけど、ホームルームが始まる時間でも止めようとせん。こっちは先生に叱られはせんかと、ソワソワしてた。しまいには泣きたなったけど、逆上がりにつきあったな。夏の夕暮れは長いけど、6年生の下校時間過ぎても必死で足を振り上げてる彼を見てた。出来なくてポロポロ涙をこぼす彼の手を、無理やり引いて家まで送っていった。ある日突然学校を休んだので、給食のパンを家まで届けに行ったわ。ほんだら、お母さんが「別の学校に行くので、もう会われへん。」と言わはった。今にして思えば、彼のような子供ばかりの学校に行くのやろな。お母さんにパン渡して家の門出たときに、後ろから大声聞こえたよ。振り返ったら彼が自室の窓から乗り出してた。「○○君、僕なぁ、次の学校では逆上がり、一番になっとくわ!3回連続とか練習するからな!3回出来たら手紙出すから、見にきてな!絶対やで!」。とどけたパンを両手に持って振っとる。振るな!食いもん粗末にすな!ついでに泣きながら言うな!そうおもったけど、「二回できたら手紙書いてや!」というのが精一杯だったな。
小娘にせがまれて、今でも時々逆上がりするけど、ドキドキするな。子供の手前できへんかったらかっこ悪いとか思うし。当時の彼は、できない事をかっこ悪いなんて思ってなかったやろな。カッコ悪いよりも、「できたい」思いで一杯やったんやろな。明日、逆上がり、やろかな。

|

« 低い山 | トップページ | 梅は咲いているのに »

コメント

ローラーマン、泣かせるねぇ。

ぼくは小学3年の夏休みにトラックに轢かれて死んじゃった同級生のことが一番忘れられない思い出だにゃあ。膝の裏や腋の下を使っておならの音を出す方法を教えてくれたとっても愉快な奴だったよ。

投稿: qma | 2005/02/27 01:19

ほんと泣かせていただきました。素晴らしいです。

ぜひ、もう一つの話と、中洲でミグルミ剥がされた話を…。

投稿: ひゅ~ず | 2005/02/27 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/3089571

この記事へのトラックバック一覧です: 友との別れ:

« 低い山 | トップページ | 梅は咲いているのに »