« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005/02/28

漢字が違いますけどね

官能式信号機

苦悶式数学塾

自転車:通勤往復20km 思うところあって革靴で120回転はぁはぁ。回転力はペダルのビンディングの有無に関係無いとのアドバイスを貰ったので。脳みそにフツフツと湧き上がる、速く走るイメージが全てだとのことです。(出典は12月19日の日記登場の二人の兄ちゃん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お酒付きお弁当

0228明日用の弁当当番はワシ。小さいほうは当然小娘用(夕方塾の休憩時間に食べる分)。景気付けに焼酎も付けたる。本坊酒造の「貴匠蔵(黒麹)」。けっこう重厚な味なんで、塾の先生もほめてくれる筈やぞ。塾に氷かお湯があるかちゃんと聞いてくるねんぞ->小娘。豚の角煮に見えるのは、食パンのミミにスライスチーズを挟んで、爪楊枝で止めたもの。これを油で揚げた。1分でひらめいた作品やな。でも、パンのミミって揚げる事しか想像つかんのが辛いね。自分の弁当の空きスペースには、ローラー家内が作っといてくれた肉ジャガを入れる。その優しい優しい無限に優しいローラー家内は、今ごろ仕事関連の飲み会でハジケテル。痛風直前の旦那を気遣って、ビールほどほどにしてくれと、念を送るぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チェーン

connex-logo1
接合部が手で簡単に切れるといううたい文句に釣られて買ったわ。石油ストーブが一台も無い我が家には、当然洗う為の石油が無い。これだけのために石油買いに行くのも面倒くさいし、置いとく場所が無い。全然ありがたみが分からん。もっと「有難い」パーツは無いのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

酒を減らすべき時が来たわ

昼休みに、会社の産業医さんから呼び出された。先日実施した肝機能の「再検査結果」を教えてくれるということで。尿酸値が9.3という数字。現実を突きつけられてしばし呆然、、、とはならず、その値の持つ意味は、未だによくわからん。今日の晩飯は肉じゃがなんで、絶対酒は外されへんやろ。体の事を考えて、手加減して呑むことに決めたし。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

チェーンクリーナー

barbieri-tornado_s
チェーンクリーナーで一杯食わされたので報告しときます。片手でチェーンを挟んで、人差し指でスプレーを吹き付けるというアイデア。もう片方の手でクランクを回すと掃除完了。チェーンを挟み込む出口から、スパスパとオイルが飛び散ります。地面油まみれです。家の中でやらんでホンマよかったと思います。ローラー家内にボコボコにされるのを、すんでの所で食い止めた。それに、ボンベが空になったら、CRCでもつこたろおもてましたが、口金のサイズが全く合わないので諦めました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/27

梅は咲いているのに

大阪北部は吹雪でした。それでも、陽だまりには春の足音が聞こえます。春の足音って?なんて聞かないでね。
何年か一緒に練習している仲間が、ある日を境にして突然姿を見せなくなることあるよね。生き死に係わるような事なら、何処からか話が入ってくるだろうけど。リストラとか倒産とかよくない事象で、自転車なんか乗っている場合じゃない、という事になってませんように。神様仏様観音様、お月さん、お星さま、どうか仲間を助けたってください。ついでにわしもお願いします。

自転車:適当に4時間ちょい。自分にとって結構辛いペースで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/26

友との別れ

小学校の時に、切ない分かれを二度経験してる。”切ない”の本当の意味は未だに判らんのだけど、子供ゴコロに喉の奥が苦くなったわ。
一回目は小学校2年や。クラスに今でいう「自閉症」の子がおったよ。自分の前の席で、授業中とか落ち着きが無く、休み時間も給食時間も妙な行動を起こす。それが当時の自分には興味深くて、気がついたら、いつもその子の手を引いていたような記憶があるな。逆上がりが出来なくて教えて欲しいゆうからつきあったけど、ホームルームが始まる時間でも止めようとせん。こっちは先生に叱られはせんかと、ソワソワしてた。しまいには泣きたなったけど、逆上がりにつきあったな。夏の夕暮れは長いけど、6年生の下校時間過ぎても必死で足を振り上げてる彼を見てた。出来なくてポロポロ涙をこぼす彼の手を、無理やり引いて家まで送っていった。ある日突然学校を休んだので、給食のパンを家まで届けに行ったわ。ほんだら、お母さんが「別の学校に行くので、もう会われへん。」と言わはった。今にして思えば、彼のような子供ばかりの学校に行くのやろな。お母さんにパン渡して家の門出たときに、後ろから大声聞こえたよ。振り返ったら彼が自室の窓から乗り出してた。「○○君、僕なぁ、次の学校では逆上がり、一番になっとくわ!3回連続とか練習するからな!3回出来たら手紙出すから、見にきてな!絶対やで!」。とどけたパンを両手に持って振っとる。振るな!食いもん粗末にすな!ついでに泣きながら言うな!そうおもったけど、「二回できたら手紙書いてや!」というのが精一杯だったな。
小娘にせがまれて、今でも時々逆上がりするけど、ドキドキするな。子供の手前できへんかったらかっこ悪いとか思うし。当時の彼は、できない事をかっこ悪いなんて思ってなかったやろな。カッコ悪いよりも、「できたい」思いで一杯やったんやろな。明日、逆上がり、やろかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

低い山

226-4港の横にある「日本一低い山」。家からそう遠くない場所だけど、興味も無いので滅多にこないところやね。前回ここへ来たのは、雑誌ファンライドの取材で編集の方々と。先導してくれたのは”プロツーキニスト”の小谷君。こたやん、、、の方が親しみやすいね。関東在住だけどベタベタな関西人やな彼。いろいろな知り合いや友達が、いろいろな理由で関西を離れていく。春はとくにそんな季節か。また一人、大切な自転車繋がりの友人が東へ旅立つ。別れはいつも寂しいけれど、新たな出会いの予感を信じるべし、やな。いつまでも、元気で。切れないチェーンでいようぜ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みなと

226-1
家事を済ませて、夕方の練に出ました。埋立地を周回した後、USJの前を通過して海へ。貨物船やら遊覧船やら艀(はしけ)やら、よくぶつからないなという混雑ブリを見ました。海を渡る風は、まだまだ痛いくらいに冷たかったな。
226-2

自転車:適当に2時間


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/02/25

貴族の生活

13-213-1久しぶりにエエ店見つけたので、会社の帰りに撮ってきましたので紹介します。
どちらも凄く気品漂う佇まいです。どちらもモーニングサービス無料。テレビゲーム無料。ジェットバス完備です。貴族館は休憩4500円ですが、伯爵は5000円でした。伯爵婦人を自負する人は、是非とも「伯爵」にGO!
自転車:通勤往復25km(うち、ホテル街迷走含む)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラークスのワイヤー

pre-lub_gear11たまにはパーツの事でも。TD沖縄前にこのワイヤーに変えました。”アウターケーブルを構成しているメッシュ織りの部分にも、オイルがしみ込ませてあって云々”のテクノロジーに魅力を感じたの。でも、実物をよく見たら、アウターメッシュにインナーワイヤーが直接触れてるのではなく、メッシュパイプの中に実はもう一本プラスチックの管があって、その中をインナーが通ってる。つまり、メッシュ織りにオイルがあろうが無かろうが、全然関係無いわけや。これはいったいどういうこっちゃ!(そういうこっちゃ) しかもワイヤーがごっつい固い。これではエルゴレバーからの配線が苦しい訳です。

やっぱり、信頼のおけるカンパのワイヤーセット、あるいはシマノDAのワイヤーセットが一番や。でも、「奥切れ党」の自分には、何つこても一緒やったかもな。

※こんな写真勝手に取ってきて、勝手に貼り付けてもええのかどうか、誰かご指導ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そして誰もいなくなった

アガサ・クリスティ、あんたの気持ちが痛いほどわかるぞ。

体調不良で仲間が早退してしまった。とうとう自分ひとりが今、生き残ってる。帰りたいけど、踏ん張るぞ。頼む、早く定時きてくれ、マッハの速さで御願いします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

風邪流行ってますな

管理職を含む7名チームで仕事やってます。今日は5名が休んでます。ごっつ静かです。今日の仕事は商品カタログデザイン立案。でも、一般コンシューマ向けのプロダクトじゃないので、自身の盛上がりに欠けます。「ATを教えてくれた男」(2月3日の日記)は、日本人初ツールドフランスに出場した人の元で、セッセとカタログを作っています。あれこれ思い描くパーツやフレーム写真の配置が楽しいと言ってました。ええなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーダーフレーム

オーダーフレームのいいところはズバリ「他人に自慢できること」。近所のおっちゃんでもいてるやろ?「わし、4番アイアン、オーダーしましてん。ぐえっへっへっ!」ってな感じで。ステムやピラーのバリエーションが少ない時代は、既製品フレームが合わないと、調整幅が狭くて困ったので、フルオーダーにスガルしか無かったのよ。ショップと工房が同居してる建屋はええわな。たいてい工房だけの佇まいで、これが探すのに一苦労するぞ。ほとんど普通の家や倉庫と見間違えて、通り過ぎてしまうわ。ビルダーのオッサン(兄ちゃん)は接客が下手な人多い。それが自転車の事になると、喋り出したら止まらんのも特徴やね。最後には”、、、しっかしまぁ、不景気やなぁ”で締めくくられる今日ではあるけどな。

ここで秘密を教えとく。オーダーフレームって、納期凄いかかるよね。とあるビルダー本人曰く「ほんまはな、がんばったら3日で出来る。まぁ、塗装は別やで」。じゃあ何で”ひとつきもふたつきも”掛かるんや?直撃インタビューを慣行したよ「そらぁ、二日酔いで仕事にならへん日もある。見たいTVもある。練習にも行かなアカンし、昼のキャバクラは安い。だいいち、一日中ヤスリがけしとったら、頭変になる」。もっともな話やね。さらに最近では「あの有名な塗装屋のおっさん、長いことフレーム塗り過ぎて、今入院しとんねん。だから納期ベタ遅れや」とも。

真昼間からキャバクラには行かなアカンわ、塗りすぎて頭変になるわ、怖い業界やね。

あるとき、頼んでたフレームがあんまし遅いから、直接工房に追い込み掛けに行ったことがある。ほんだら、あろうことか、サイスポ読みながら蜜柑食うとるがな!「○○さん、はよしてぇなぁ! 俺の試合来週やで!」今日という今日は、後ろ三角作るまで帰れへんつもりであることを告げると、おっさん言いよった。「鶴でもハタ織る時、見ないでください言うやろ。見てたら仕事でけへん。キッチリやっとく!」

次の日いったら、この鶴、蜜柑食いながらバイクラ読んどった。ゆうた訳が次の通り。

「俺が悪いんやない。サイスポとバイクラの発売日が同じっちゅうんが、一番悪い!」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/02/24

さらにナカガワ

そやそや、うちのチームからシマノに行く前、阿部ちゃんナカガワに乗ってたよ。懐かしいぞ。ツールド四国って一回キリのステージレースがあってな。ファクトリー相手にクラブチームの阿部良之(当時は新村姓ね)選手は、連日アタックして、解説の塩野アナウンサーや、ゲストの轟次郎さんがびっくらこいてたわ。最近も雑誌でナカガワ絶賛してたね。

でも、ナカガワさんの物真似は下手ですよ->あべちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカガワ

最近ナカガワのフレームが気になりだしてます。ボスコがあった時代から、関西ではナカガワが多かったので、他人と同じ物は敬遠していました。それが最近になって細いパイプのクロモリが妙に気になってます。シマノレーシングも、昔は”シマノブルー”のナカガワだったのです。ナカガワ(正確には関西ズノウ)から暖簾分けした人も多く、所有しているクロモリの二台がそれになります。実家に帰ったときに乗りますが、少し疲れた感じのプレステージパイプの優しさが、身に染みます。
ちなみに、大阪にはナカガワさんの物真似のできる選手、ごっつ多いです。
自転車:通勤往復20km 雨でスーツどぼどぼ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/23

RFID

業務における当面のミッションが「RFIDを使った、斬新なソリューションを提案すべしべし」というものです。ICタグを使った商売考えろ!っちゅうこっちゃね。プロもアマもホビーも、全員登録を義務付けて、各自に一枚づつ個人情報(自転車に関する事に絞る)を盛り込んだRFIDカードを発給。レースやイベント参加時は、ジャージのポケットに入れておけば、主催者側が持つDBへのアクセスが可能や。着順判定も朝飯前。神様”安原”さんとこの、計測チップに頼らんでもええっちゅう寸法。
アカン、ニッチすぎるわ。また嫌な上司に居酒屋に拉致されるだけやな。

自転車:通勤往復20km(広島の西チャレは、エンジンが間に合いそうもないので断念じゃ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mr.オクレ

知人のブログに「MX(オートバイのモトクロス競技)」というキーワードを見つけた。自分も就職してしばらくこれに嵌った時期がある。3Kスポーツと呼びたい遊びやな。「危険・怖い・金かかる」。ハンドルの先っぽの部分に、握るとこあるやろ?オークレーというメーカーのをつけてたわ。ゴーグルもJTとかスワン(山本光学)とかあったけど、自分はここもオークレー。今は数字のゼロみたいなロゴマークが華々しいけど、当時はちゃんと”OAKLEY”って書いてあったぞ。オークリーよりオークレーの方が馴染みがあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

暗黒の掟

昨日は早めに退社して、遠回りして帰りたかった。直属の上司とその上の上司に呑みに連れていかれて、その希望もついえた。腕とか引っ張って強引にされた方が、まだ直球勝負で気持ちええわ。上司&上司にやんわり誘われたら、首にふっとい鎖つながれて、奴隷のようにうつむいてヨロヨロ付いていくしかない。顔だけ平静を装う自分にツバを吐きたくなった。帰宅後、気持ちが治まらんので洗濯物を干すとき、衣装全部に怒りをぶつけったったわ。今晩はローラー家内が残業なんで、小娘とたこ焼きでも焼いてスカットしたい。

むしゃくしゃしたとき、ヴァンヘイレンの衣装を着て・壁のように積み上げたマーシャルアンプで、気が遠くなるような音のギターを弾けるような「コスプレキャバクラ」とかないかな、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エディ

そのヴァンヘイレンのギターの兄ちゃんだが、オランダ生まれと聞く。ならば、ギターを手にする前は、もしかしたらシクロクロスに目覚めとったかもしれんな。ギターには「ライトハンド奏法」というテクニックがあるけど、自転車にもある筈やぞ「ライトハンド走法」。彼も癌と戦ったらしい。ランスもそうですが、ヒーローは癌になるのか?美人は白血病と相場が決まっとる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/21

ある夜の出来事

実家の近所の市場で見つけた。蟹蔵(上)と蟹助(下)です。どうぞよろしく。よそのオッサンに連れ去られようとしていたところを、¥1,280で助けてあげました。そして、大阪まで連れて帰りました。
DSCN0441


長旅の疲れを癒していただくために、お風呂を沸かして入っていただきました。蟹蔵さん、口からブクブク泡吹いて気持ちよさそう。
DSCN0442


蟹助さんのお湯加減は、ちょっとヌルイでしょうか?不満顔。
DSCN0445


露天風呂の全景。
DSCN0446


湯上りでくつろぐ蟹蔵さんと蟹助さん。全身から湯気があがってます。顔も真っ赤です。不思議なことにあれだけ元気だったのに、風呂から出たとたんピクリともしません。のぼせて気を失っているのでしょうか。謎です。
DSCN0451


心配になって様子を見ようと蟹蔵さんの腕をちょいちょいと引っ張ってみたら、ゲゲ!もげたよ。大丈夫ですかぁ!蟹蔵さん!蟹助さぁん!!!
DSCN0452


蟹蔵さんのもげた腕の緊急手術開始!これは救命救急24時だ!大変だ!大変だ!しかも蟹蔵さんの腕が異常に高温なため、手術が遅々としてはかどらず。医師団の表情には緊張の色がありありと、、、。何と、蟹蔵さんの腕からはこんな白くてフワフワした物が!いったいぜんたい、どうなってしまうのかぁ!!!蟹蔵、蟹助、ピ~ンチ!!!
DSCN0454DSCN0453


在りし日の蟹蔵、蟹助をしのぶ

DSCN0455


自転車:通勤往復20km

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北朝鮮

DSCN0436DSCN0434実家の近く境港。最近できた広大な埋立地に、妙な物を発見した。密猟者から没収した大量の漁具です。持ち主は全て北朝鮮船籍と地元の人が教えてくれました。吹雪舞い散る冬の日本海で、あんまり楽しくない光景だわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪いヤツ

これは高中正義を模倣したモデルやな。学生の頃、バイトしても全然資金が足らんかったので、親のスネかじりまくって手に入れたもの。出世払いとか言うて親をだまくらかした悪意に満ちたギターやね。出世してないから、当然今でも借金は返してない。
ギターを弾きやすいようにかまえると、必ず「田端よしお」とからかわれた。ギターは物凄く下の方にぶら下げて弾くのがカッコええのだよ。だから自分も他のやつらには、カッコだけでも負けるわけにはいかんかったので、その下げ位置はどんどんエスカレートするわけやね。しまいには両手を下げても届かなくなり、仕方ないので腰を折り曲げて前かがみになって弾くと。いつのまにか自分についたあだ名は「おじぎ」。メンバー紹介の時だけ直立するけど、あとは延々「おじぎ」や。カッチョええのか悪いのか、自分でもわからんようになてたぞ。sg

| | コメント (3) | トラックバック (0)

フレットレス

1月12日の日記に「燃えるギター」の事を書いたけど、ベースに燃えてた時期もある。写真は友人が改造してフレットを取り去ってくれたベース。改造するときに誓約書を書かされた。こんな感じの->「わたくしTは、ベースのフレットレス改造を御願いするにあたり、決して元に戻してくれとは言いません」。けっこうハラハラしたわ。指板の上で指をなが~くスライドさせるとカッチョエエ音だぜ!
bass

| | コメント (2) | トラックバック (0)

週末は乗りたいな

先週は、自分の要領の悪さ、段取りの悪さが重なって、仕事や家事をうまくこなすことが出来なかった。今週はがんばりたい。そして週末は笑って自転車に乗りたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとまず

山陰(島根県)の実家は、ベルギーのように連日雨、風、雪、曇天だった。
庭の雑草抜きで大変だった。
どぶ掃除で大変だった。
除草剤撒きで大変だった。
モグラ退治で大変だった。
自転車でヘラヘラ200km走ることに比べたら、屁でもないと思った。
だって、生きていくのに関係ないもの->自転車のLSDなんか。自転車は、自分にとって所詮遊びだ。遊ぶ前にやらなアカンことがあるやろ?->わし。
実家に行くたびに、甘い自分を思い知る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/19

便所

54途中駅の便所。通勤通学途中に腹が痛くてこまったとき、きみは、この便所に駆け込む勇気あるかね?わしは、ここの世話になるくらいなら、野糞を選択するぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実家へ

321米子駅まで大阪から高速バスで移動。ここから境港線(単線・一両ワンマン車両)で終点の境港駅まで40分乗ります。ごっつ遅いスピードだから、ロードレーサーなら30分かからずにつくと思う。スローライフという言葉があるけど、「遅すぎるっちゅうねん!」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/17

神様

どうして神様は、愛知万博とSMAPに楽曲を提供したのだ?そんなことでええんか?神様!

自転車:思いっきり遠回りしよおもてたのに、腹が減って死にそうになったので、往復47km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛いのはお尻じゃない

資格試験も終わり、腑抜け状態だ。上司は皆、直顧客(酒造メーカー)への”システム導入セミナー”に行って留守。目的はセミナー後に開催される「きき酒会」なのは見え見えやぞ。ならこっちも今日のお題は「サドルに座るとお尻が痛い」で行く(脈絡は無いけどな)。

どこが痛いのか、まずは分析。サドルにベビーパウダーを塗布する。ノーパンで静かに座る。レーシーなポジションでハンドルを構える。このまま実走、、、してもええけど、ノーパンであることをお忘れなく。無難に固定ローラー台使うと、逮捕されなくて済みます。少し足を回して静かに下車すると、サドル中心線から左右に二箇所、パウダーが薄くなっている部分がある筈。

何年も前、鈴鹿で近畿選手権ロードがあった。俗にいいます近畿ロードやね。アラヤレーシングの選手にハスって、周りを巻き込んで落車した。尻から骨盤にかけて強打し、その場で歩くことも、股を開いて恥ずかしいポーズをとる事も出来なくなった。救急車で病院に搬送されレントゲン撮影。ま、打撲だけで済んだ訳やけど、レントゲン写真を見せながら先生の説明が始まったのですが、自分の興味は強打した骨盤ではなく、あるポイントに目が釘付けになっとったわ。骨の部位や名前は知らんけど、背骨の一番下の骨、つまりサドルに当たる部分が、、、二箇所飛び出てる。

自分の考察によると「いくら柔らかいサドルに座ろうが、分厚いパッドのレーパン履こうが、痛みが軽減されないのは当たり前。ほんまに痛い部分は、体の内側の”肉”を”骨”が突いている」のではないかという事。(根拠は勿論無いよ。あくまで思いつきやからね。)

自分はローラーをやるときは、レーパン履かない。パンツ(下着)いっちょ。これだと誤魔化しが利かないので、ベストポイントに座らざるを得ません。このポイントを早く探り出す為に、前に座ったり後ろに座ったり、サドルの角度変えてみたり。おもしろいことに、高さを変化させるだけでも痛さ違いまっせ。玉袋を持ち上げて手を差し込んでも、当たっている骨ポイントを触る事が出来ます。この骨の左右開き具合によって、立体的なサドルが合うのか、平べったいサドルが合うのかを検討すべしべし。

という勝手な解釈でやってます。

ちなみにあんまり長い時間、深い前傾姿勢とると、尿道近辺の決行が悪くなり、痺れてきます。この時ダンシングして血流を一気に開放すると、、、。
ごっつ気持ちええので興味ある人は体験してちょうだい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/02/16

軽い男

試験が早く終わったので直帰。途中シルベスト梅田店に寄った。偶然にも以前サイスポに載った「乗鞍の軽量王」に会いました。彼は本来軽量オタクでも何でも無い。もともと今は無き(?)ダイヤコンペのブレーキ設計の仕事をしてた経歴もあり、改造や工作がとても得意。シルベストに勤めだして、プロモーションの一環で、あのような自転車を作っている。そればかりか、練習方法も相当昔から研究熱心なところがあり、シマノ男やニッポ男からも随分前から慕われている実力派ローディーです。時々一緒に練習しますが、「我慢(LSD)も練習のうち」という言葉を教えてくれた人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高速回線にした

ただいまより我が家もブロードバンダーの仲間入りなんで自慢しとくわ。
自慢その1.一番安い1.5Mの契約やぞ。
自慢その2.大阪市内に住んどるのに、局舎から3kmも離れてるぞ。
自慢その3.そのお陰で、下り速度が実測700kちょいしかないぞ。
自慢その4.PCのメモリも128しかないから、体感速度はもっと遅いぞ。

もっと自慢しとくわ。
自慢その5.12月~1月とNTT電話料金振込みを忘れてて、電話を切られてしもてるぞ。
自慢その6.だけどこのようにネットだけは繋がっておるぞ。
自慢その7.来月給料もろたら無線LANにして、部屋中電波まみれになる予定。

ひとまずここまでな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/02/15

石川さゆり

では、昨夜の顛末(サイスポを洗濯した話)を書いとくわ。

一言で言うと「天城越え」に尽きる。服に纏わりついてる紙くずの除去と、雪原のようなベランダの対処を悶々と考えながら帰った。期待した”神風”は吹かなかったし”レレレのおおじさん”も来てなかったわ。留守番していた小娘は紙くずだらけのトレーナーを見上げて「迷彩みたいでカッコいいやん!」と言うてくれたけど、流石にこれを着る勇気お父さんには無いのだよ。
紙くず親父を不憫に思ったのか、ホウキで掃いていたら小娘がチリトリを持ち出して構えてくれたよ。嬉しいぞ小娘!”同類相憐れむ”やな!手伝い始めてもソコは小学生。だんだん飽きてきよった。途中でほっぽり出されたら、ただでさえ不足している人手に支障をきたす。しゃあないから、集めた紙くずを袋に詰めさせたりと、いろいろ作業を考えたった。フト見ると、集めた紙くずを自分の周りにパラパラと撒いて遊んどるがな!掃除するより断然羨ましいぞ、その光景。ちょっとワシにも試させて。「ウンいいよ」。
撒いたり掃いたりしてるうちに、エライ妄想が浮かんできた。「NHK紅白歌合戦で・石川さゆりが・雪の降る中・天城越えを・歌ってた」。


閃いた-「歌いたい」。


小娘がシンシンと降らせる雪の中、ローラー親父は熱唱した。どうせ寒くて近所は窓閉め切ってるから、聞こえてへん筈やし。「九十九折り、浄蓮の滝、、、わさび澤~、」 さゆり見えるぞ、見える!俺には見えるぞぉ 天城峠!!!

知らんまに残業から帰ってた女が、サッシの向こうに立ってた。
ゆうべから一言も喋ってくれへんけど、お仕置きは試験終わってからにしてくれ、頼む、女。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

現実から目を背けている最中

「大切な試験の前って、どうして他の事したくなるんやろ???」
たのむから、皆さん「モーレツに同意」してちょうだい。
実は明日、仕事がらみの資格試験を受けねばならん。ネットワーク系SEのお仕事している人々にとって、避けては通れない行事やね。上司も勉強時間を与えるつもりか、通常業務も降ってこない。これは困る。大いに困る。仕事にかこつけて勉強サボれんやんか。仕事くれ上司!頼む。

こうなったら自力で現実逃避せんとアカンので、ブログに書きなぐってます。今日に限っては自転車通勤も自粛しました。コケて、脳みそばら撒いたら、明日受験できなくなるしな。ま、それならそれでもええねんけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/14

バレンタインディ

DSCN0403ケーキと発泡酒で幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗ろてしもた

ケンちゃんは、どうして洗濯屋だったのだろう、、、。

夜中に突然よめはんに起こされた。あれ?今日の洗濯当番は彼女で、今頃は機嫌よう洗濯モン干してる筈やがな?まさに寝込みを襲われた感じ。「ちょっと起きるべし」。彼女の声、嫌にトーン低い。こんな夜中に離縁の話でもすんのかな?とおもて、パンツいっちょで布団から這い出していくと、洗濯機の前で仁王立ちしとる。開口一番「何洗ろた?」 へ? またジャージの背中にウィダーの食いさし入れたまんまやったかな?バレるのんが怖かったからパンツいっちょでモジモジしてたら、「雑誌、、、入れたやろ」。ドキ!思い当たるフシといえば、風呂で長湯をするために、サイスポ持って入った。上がりしな、洗濯籠に雑誌置いた。あとの記憶は怖くて思い出したくないので頭を左右に振ってみた。

夫婦二人夜中に顔つき合わせて出した結論は「ひとまず干す」。ゆうべは綺麗な月夜やったわ。衣類を広げてバサバサはたくと、綺麗な粉雪が闇夜に乱舞してたな。粉雪があられになり、あられがミゾレになってますます綺麗やなと感心してたら、足の踏み場もないくらい、ベランダが紙くずで「埋まってた」。

今日帰って現実を見るのが怖いぞ。
知らんフリしたいから、今から大雨と強風吹いてくれ。頼む!


| | コメント (7) | トラックバック (0)

毎日決戦日です

金曜日にダートへ行って、ブレーキを壊したことを以前書いた。仕方が無いからロードレーサーで出勤してます。デュラエースやレコードという部品を使っているので、いわゆる「決戦用」ということになるのかな。車輪やフレームを練習とレースに使い分けてる人がおるけど、自分に言わせれば「毎日決戦とすべし」やね。”普段からフィーリングに慣れておきましょう”というのではないよ。「とっとと使い倒して、早く次のパーツを買いましょう」と言いたい。どんな高価で高性能な輝きを放つパーツも、ほんの僅か時が経てば次の新製品の影に隠れてしまうぞ。それならサッサと使ってダメにしたほうが、次のを買うときに気持ちエエ筈やな。でも心配事が一つある。

「早く定時終わってくれ、頼む。表に止めてあるワシの自転車盗られてないか!?」

自転車:通勤往復20km(の予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登録しません

チームメイトから今シーズンの「登録」の要否について連絡を貰った。「自転車は大好きやけど、練習は大嫌い」。だから今年も美しくホビーレーサーなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログのコンテンツ

リンクを張っていただいたり、トラックバックを付けていただいたり、嬉しいものです。自分のブログにリンクバナーを付けていない理由。特に大きな理由無いんです。リンクしたいところが多いから何もしてないというのが本当のところ。
トラックバックは、今一「トラックバック」の意味を理解してないからというところ。つまり、ヘルプをちゃんと読まずにブログを始めて、今に至ってます。ご容赦を。

昨日の自転車:お山方面適当に4時間。そ~と~寒かったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/12

晩御飯。普通の、

0212-1天橋立「文殊荘」という旅館で、学生時分のひと夏、住込みバイトで過ごした。毎日毎日、エビの処理に明け暮れた日々を思い出します。背中とシッポの泥取りやね。当時80歳近い芸者さんを「おばさん」と呼んで扇子でたたかれた。以来いつ会っても「おねぇさん」と躾られた。懐かしいね。0212-2

ご飯がわり。やっと見つけた焼酎。がんばって今夜中にあけるぜ。ぐびぐび。

日記・コラム・つぶやき | | コメント (3) | トラックバック (2)

2005/02/11

アルミ強し

veloceONでもOFFでも、90%が右側にこけます。不思議です。エルゴのアルミが強くて、本体が負けた様子の写真。下の写真はおなじみの「エルゴでシマノをシンクロさせるアダプタ」。SPDシューズの金具を使っています。xt



自転車:「柿食えば、、、」の法隆寺裏シングルトラック4時間

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/10

よくあることさ

定時間際に、仕事が押し寄せてくるなんてこと。
U村断念。
自転車:通勤往復遠回り50km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は上村へ行くぜ

明日はシクロ車でダートへ行くので、今夕上村へシクロチューブラーを買いに行くぜ。頼む、早く就業時間終わってくれ!全国的には「ウエパー」というらしい。自分や回りでは「U村」と言うが。雑誌の広告は確かにくすぐるな。関東での即売会なんか凄い盛況ブリと聞く。でも、本当にお買い得なのは、タイヤとか一部フレーム辺りと思てる。昔は「U村のホイールはすぐにアカンようになる」という噂があったけど、最近はメーカー完組だから販売店の技量は関係無くなったかな。この店の特徴は、いつも店長が”店長婦人”にぼろくそ怒られてること。店長は凄く腰の低いおっさんだが、店長夫人は貪欲に商魂メラメラさしているのが伝わってくる。展示フレームに触ろうものなら、激しい叱責を浴びる。この店の買い物はかなり緊張するぜ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/02/09

ポンプ

road自宅手前でパンク。チューブラーのエエとこは、そのままゴトゴト乗れること。だから、片道10kmの通勤は、ポンプや予備タイヤを積んでません。ポンプは写真のやつ。いわゆる「フレームポンプ」やね。以前はミニタイプのを何本か使ったけど、どいつもこいつも”イザ”という時に限って頼りにならんわ。ポンプのインプレは、たいがい写真スタジオでやってるな。ほんまに使えるかどうかは、極限状態にそ真価を発揮するもの。お山ではぁはぁモガイテイル最中のパンク。全然腕に力が入らん状態とか。さっむい場所で歯をガチガチ鳴らしながらのパンク修理。ミニポンプで”1000シュコシュコ”するより、こいつで”100シュコシュコ”すべしやと。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (4) | トラックバック (1)

対北朝鮮戦

普段はサッカーに興味がありません。今日のゲームもそんな感じなんです。ここで、私の素朴な疑問にどなたか答えていただけませんか。Q「なぜ、北朝鮮代表に、在日の日本人選手が所属しているのですか?」。お父さんとかおじいさんが北朝鮮の人で、昔日本に渡ってこられたからなのでしょうか?どうも北朝鮮から日本に渡ってくるというと、亡命とか脱北とかっていう言葉しか思いつかないんです、わたし。
生まれてから中学卒業まで大阪市内の某区で過ごしたので、いつも回りには在日の人たちがいる環境でした。クラスメイトの1/4が在日の人たちという状況もありました。卒業アルバムなど、日本名ともう一つの名前とが彼ら(彼女ら)の写真の横にありました。当時は自分にとっても彼ら(彼女ら)にとってもそいうのが普通だと思っていたのでしょう。少なくとも自分はそうでありました。「二個も名前あってかっこええのぉ」と子供の頃はムチャなことを、よう言うてたもんです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005/02/07

お尻を乗せます(その2は)

うちの”ローラー家内”がこころよく協力してくれないので、”お尻を乗せます”のつづきに掲載しようとおもてる写真が、撮影できずに難儀しています。夫のローラー姿を目の当たりにするのが、死ぬほど嫌だとカタクナです。非常に強力な報道規制を敷かれております。我が家のジャーナリズム危うし。

今夜の献立:ビーフシチュー製作。赤ワインとか入れたかったけど、事前に飲んでしまった。仕方が無いので思いつきで、「芋焼酎と醤油」を投入したったら、案外いけた。一緒に食べた小娘(小5)に酔いが回らんか心配しながら、静観中。

自転車:通勤往復16km、雨でスーツずぶぬれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

呑んで強くなる

トマトの反対読みは”トマト”。だから飲酒の反対読みは”手淫”。

「手淫をすると頭が悪くなりますが、飲酒をしても自転車弱くなりません」ので、皆様安心して晩酌しましょうという提案です。読み終わって賛同いただければ幸甚です。
”一日500km男”が周辺で話題になりつつあります。話題に上げているのはシマノ・野寺選手にほかならないのでしょうが(http://www.powerscyclediary.com/archives/09_nodera/index.html)。早速昼休みにわたしも突撃インタビューを試みたので、書いておきます。

わし「今でも(このクソ寒い時期に)、練習後は大瓶二本+熱燗ガブガブは欠かしてませんか?」
500km男さん「はい」。

つまり、手淫を控えたから希望の学校に入れるとか、飲酒を我慢したので自転車が早くなるというのは迷信のようです。呑めない酒を無理やり飲む必要はありませんが、飲みたい酒は大いに飲みましょうというのは、間違いではないようです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/02/06

お尻を乗せます

turbo
かれこれ使い始めて約13年になります。当時から自転車に乗る人の尻は「ターボ・ケツ」「ロールス・ケツ」に二分されており、自分はもっぱらターボ・ケツ。ロールスにも乗ったけど、どうも今ひとつ。軽量サドルのはしり「フライト」も使ってみたけど、へたりが早かったかな。でも、新品の時の匂いはエエですよ、フライト。なんかほんのり甘めな香り。ロールスは「牛」っぽい匂い。現行のターボマチックもあまり合わないので、廃盤になったのをヤフオクで買いつづけてます。(つづく)

自転車:4時間ちょっとお山へ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/05

ピストに乗るべしその2

バンク走行したければ、バンク毎にある「愛好会」に入れてもろて走るのが、一番てっとり早いな。競輪マニアのおっさん連中が、コスプレして集まってる感じやけど、悪い人はおらんと思う。幸い自分の所属するクラブチームに「超」のつくほどピストが好きな人がいたので、自分もバンクを走るようになった。その人、今現在46歳。職業は中央市場の鮮魚でマグロ担当。名前を出せば、関西ピスト界(アマ・実業団・学連あたり)では知らん人がおらん位有名人。私の尊敬する自転車選手の中で、恐らく頂点に君臨してるな。大阪代表として、二度国体にも選出されてます。大阪代表で国体に出る大変さ、わかります?大学生を退けることは無論、あの「釣具メーカー」とも戦うわけです。もちろん普段の試合では、愛知のトヨタの下請け「愛がみっつ」の選手とも互角に渡り合うのですわ。この人、機材にはトント無頓着。自転車雑誌も全く読まない。漢字とカタカナをあまり知らないので、正確には「読めない」が正しい。でも、ココロは清らかで純粋。千トラの目標ハロンタイムを、車のサンバイザーに貼り付けてあるのを見た。運転中も、信号待ちでも、一時停止でもかかさず見てると言うてはった。数年前、歩行者を巻き込みで轢いたと聞いたけど、そのときもハロンで脳みそ一杯やったと思う。
ある時期、居酒屋を始めた。屋号は「クランク」。鮮魚が自慢の店だが、壁一面に使い古した「クランク」がぶら下げてある。クランクに囲まれて刺身食うのは”エグイ”ぞぉ。クランクに囲まれてホッケも食べたななぁ。クランクに囲まれてタコわさも食べた。クランクに囲まれて酎ハイも飲んだわ。クランクに囲まれて酔いつぶれたわ。気がついたら、クランクに囲まれとった。
客は輪界の人間ばっかりで、ある意味怖かった。飲んでヘラヘラしようと思ってるのに、横見たら、城本さんがおったらみんなどうする?雑誌に時々掲載される「自転車好きの店長の店」じゃなくて「刺身食いながらモガくお店」。

一年もたずに「クランク」は看板を下ろした。なぐさめよと気ぃつこてモジモジしてたら、この人の第一声が「店、落車した」。

なぐさめるの、、、、やめた。

この人の”一生の不覚”は、数年前の全日本選手権で「スケートの清水宏保」と対決したこと。報道陣の多さ(もちろん清水目当て)を見て、自分の取材と錯覚してしまったこと。それを知って、前夜にインタビューコメントを考えて寝られなくなってしまったこと。頼まれてないのに、選手宣誓の練習までしたこと、、、、。
この人の好きな英語は「自転車・LOVE」

この人にかかったら、「自転車」も英語。

自転車:適当に60km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/04

ピストに乗るべし

sunt工具箱に、トラックハブを締めたり緩めたりした、自称「トラックスパナ」を見つけたので、記念に書く。ピスト車はものごっつカッコええぞぉ~。部品が少ないからシルエットが美し過ぎるぜ。ピスト車を手にいれると、必ず三本ローラーも買うハメにもなる。高価なピストタイヤを異型にすり減らさない為もあるし、バンクでのアップに三本は欠かせないからね。バンクを数回体験すると、絶対にディスクホイールも買ってしまうやろな。これはハッキリゆうて「高い」。高いけどカンパの”ギブリ”まで絶対行かんときがすまんようになる筈。そうなると、ろくなタイムも出んくせに(わしや、わし!)、DHハンドルが欲しなる。サッパリなタイムしか出
んくせに「エアロワンピース」もこしらえてしまう(これもわしや、わし!)絹コードのタイヤ(わしです!わし)、バンク角が深いと言われてペダルをヤフオクで漁る(あ~、わしです)。ところが、段々バンクに通うのが面倒臭くなる。玄関出たら直ぐに乗れるロードレーサーがやっぱり性に合ってると思い始める。段々部屋の隅でほこりを被りだす。気が付いたらけっこう邪魔でうっとしなってきてる。でも家族の手前「ケツ割った」と思われるのがシャクで、時々意味も無く、手でクランク回してみたりする。調子に乗ってぼんぼんクランクまわしたら、振動でサイクルスタンドから外れる。無人ピストは隣の部屋めがけて飛んで行く。障子をぶち破って思いっきり嫁はんにしばかれる。そうなってもピストに夢を描く人は、


「ピスト、乗りなさい。」

自転車:通勤往復20km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

太巻きまるかぶり

negi節分で、豆まきについで重要な催しをスッカリ忘れ、こんな晩飯で盛り上がってしまった。海苔よりネギとキムチを応援するうちの家。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/02/03

小鬼

oni

夜空にまく、豆まきは豪快だ!
42つぶ(歳)も食べるまめは、大変だ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

地獄のトレーニングと言えば

usa2


「顔たて伏せ」を一番に思い出すわ。

あれはムゴイぞ、、、。

usa1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATを教えてくれた男

「マフェトン」なんてキーワードがまだ今のように氾濫していない時代に、AT値トレーニングを教えてくれた人物がおります。
十数年以上前、西日本実業団が鈴鹿サーキット(順周り)でありました。チームで参加していたので、大学一年の彼と同じ宿の部屋で前泊し、くつろいでいるとき、唐突に「ATって知ってますか?」と聞かれたんです。
心拍計(当時はメモリー機能なんか無かった)とグラフ用紙を準備。5分毎にギアを重くしていって、それを手書きで用紙にプロットしていくと、ある時点でグラフが「ポキリ」と折れる箇所がある。それをトレーニングによって押し上げていくのだと。皆、狐につままれた顔で、その話を聞いたもんです。
puls

数日後心拍計(当時はニッセキ・パルスコーチという商品)とグラフ用紙を準備。乳バンドを巻き、固定ローラーを回した。傍らには小さなテーブルの上に時計と方眼紙を置いて。言われたとおりに5分毎にギアを上げて、都度、方眼紙に「点」を書いていった。でも、150拍を越えたあたりから、ペダルを漕ぎながら「点」を書くのが辛くなってきた。
彼の説明が悪いのか、自分が重大な過ちに気づいていなかったのか?。ビデオを見ながらとか、音楽を聴きながら、本を読みながらというのはよく聞く話だけど、「ローラーしながら字を書かく」。多分ローラーしながらうどんを食べるのに近い辛さがあると思う。

これはホンマに「辛いぞ」。170拍を越えたらプロットする手が震える震える。でもって足はひたすら回す回す。確か、最大心拍近辺の時なんか、もう、方眼紙まで手が伸びませんでした、、、。

後日この話を彼にすると「Tさん(わしじゃ)、一人で、、、無理ですよ。」
羊飼いが要るなんて一言も言ってくれへん彼は、冷静にボソリと言よったな。

なんで彼の事を書く気になったかというと、自分が近々車を買いたいというのを聞きつけて、昨晩電話をくれた。自転車のみならず、実は相当な車好き。先日まで一番速いインプレッサに乗っていたと思ったら、今はPシェに乗っとる。Pシェに乗っとるヤツに国産コンパクトカーの相談持ちかけるわしも寂しいものがあるが、「これでいいのだ」。

自転車でも勝たれへんかったけど、車でも勝たれへんのか。
世の中おかしいぞ!

※Pシェ男はバイクラに心拍トレーニングの記事を連載しとります。
 ”要羊飼い”との記載いまだ見当たらずです。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005/02/02

昔は遠くへ行っとったわ(2)

後日自転車の好きな後輩に”どんぶり作戦”を伝授してやったところ、食堂の「醤油さし」までフロントバッグに入れて旅立ったアホがおります。

「ええか、醤油こぼれんように、カーブは車体を寝かさんと曲がれ。それと立ち漕ぎは禁止や」。自分としては最高に適切なアドバイスをしてやったつもり。

帰ってきた後輩に話を聞くと、車体を傾けずにカーブを曲がるのは、想像以上に難しかったらしい。それでも醤油を守りたい一心で(そこまでして昼飯に醤油かけたかったんか?)全身を硬直させてカーブを制覇していったという。
彼はほんまもんの「男」やな。

※醤油を守り通した後輩は、今、種子島でロケット飛ばして失敗しまくってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔は遠くへ行っとったわ

知り合いに、一日(正確には日付またがりだけどな)で500km超を走ったことがあるという人、何人かおる。その体力・気力・意思の強さはほんまに凄いわ。それでいて本人達は「挑戦!」という気持ちがほとんどなく、ともかく走ってみようとしたらしい。さらに凄いわ。

高校生三年の時に、初めて200km近くをがんばったことがある。行く前に地図を眺めてワクワクする気持ちって、たまらんな。42(現在)引く18(高校三年)=24年前だから、コンビニなんか無い。一番悩んだのは、途中どうやって補給するかだ。当時は寮生活だったので、三食を食堂でお世話になってた。だから好きな時に米を炊いておかずを作ることは不可能。

出した答えは簡単や。若さって怖いな、、、「寮の飯を持って行く」。
まず、朝飯を普通に食べるわけや。おかずを半分残しておく。ドンブリにご飯を御代わりする。しかも”てんこ盛り”そう、オバケのQ太郎が食べてたアレな。その上に残してあったおかずを乗せる。フリカケもフリフリ。食堂のおばはんにサランラップ分けてもろて出来上がり。箸もついでに”黙って”借りとく。

100km走った折り返し地点で、フロントバックからイキナリ「箸」と「どんぶりめし」を出して食うんや。場所は香川県の高松。当時あった「宇高連絡線」の桟橋付近。
岸壁に自転車寝転がし、足を海にぶらんぶらんさして、どんぶり飯を食べる。
海の匂いがするんで、魚料理食ってる気分になるかと思ったけど、船の重油の匂いがきつく、必死で食べたな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/02/01

最近のコメント

も、表示してみました。どんどんブラッシュアップしていくよん。 自転車:通勤往復16km 凍結でツルツル

| | コメント (1) | トラックバック (0)

バックナンバー

設定してみました。 ブログを初めてから、各種の設定値はデフォルト(?)のまま使っていたのだけど、 どうも他の人々のに比べて、自分のは凄く見苦しいと思ってたの。 そうすると、去年とかの日記を読み返してみたりもするわけ。 ビックリしたわ。10月、11月の出来事なんか昨日の想いがするのに、 もう遥か昔なんやね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »