« 昔は遠くへ行っとったわ(2) | トップページ | 地獄のトレーニングと言えば »

2005/02/03

ATを教えてくれた男

「マフェトン」なんてキーワードがまだ今のように氾濫していない時代に、AT値トレーニングを教えてくれた人物がおります。
十数年以上前、西日本実業団が鈴鹿サーキット(順周り)でありました。チームで参加していたので、大学一年の彼と同じ宿の部屋で前泊し、くつろいでいるとき、唐突に「ATって知ってますか?」と聞かれたんです。
心拍計(当時はメモリー機能なんか無かった)とグラフ用紙を準備。5分毎にギアを重くしていって、それを手書きで用紙にプロットしていくと、ある時点でグラフが「ポキリ」と折れる箇所がある。それをトレーニングによって押し上げていくのだと。皆、狐につままれた顔で、その話を聞いたもんです。
puls

数日後心拍計(当時はニッセキ・パルスコーチという商品)とグラフ用紙を準備。乳バンドを巻き、固定ローラーを回した。傍らには小さなテーブルの上に時計と方眼紙を置いて。言われたとおりに5分毎にギアを上げて、都度、方眼紙に「点」を書いていった。でも、150拍を越えたあたりから、ペダルを漕ぎながら「点」を書くのが辛くなってきた。
彼の説明が悪いのか、自分が重大な過ちに気づいていなかったのか?。ビデオを見ながらとか、音楽を聴きながら、本を読みながらというのはよく聞く話だけど、「ローラーしながら字を書かく」。多分ローラーしながらうどんを食べるのに近い辛さがあると思う。

これはホンマに「辛いぞ」。170拍を越えたらプロットする手が震える震える。でもって足はひたすら回す回す。確か、最大心拍近辺の時なんか、もう、方眼紙まで手が伸びませんでした、、、。

後日この話を彼にすると「Tさん(わしじゃ)、一人で、、、無理ですよ。」
羊飼いが要るなんて一言も言ってくれへん彼は、冷静にボソリと言よったな。

なんで彼の事を書く気になったかというと、自分が近々車を買いたいというのを聞きつけて、昨晩電話をくれた。自転車のみならず、実は相当な車好き。先日まで一番速いインプレッサに乗っていたと思ったら、今はPシェに乗っとる。Pシェに乗っとるヤツに国産コンパクトカーの相談持ちかけるわしも寂しいものがあるが、「これでいいのだ」。

自転車でも勝たれへんかったけど、車でも勝たれへんのか。
世の中おかしいぞ!

※Pシェ男はバイクラに心拍トレーニングの記事を連載しとります。
 ”要羊飼い”との記載いまだ見当たらずです。

自転車:通勤往復20km

|

« 昔は遠くへ行っとったわ(2) | トップページ | 地獄のトレーニングと言えば »

コメント

おもしろい、おもしろい。
絶好調ですね。
毎日読めて幸せです。

投稿: ひゅ~ず | 2005/02/03 19:09

毎日読むと、アホがうつるので気をつけてください。

投稿: 子羊 | 2005/02/03 19:49

ATに関する記述は20年前に読んだ事があります。(二人で実施している写真を見た記憶あり)
今はメモリー付きの心拍計を用いて一人で測定してサクッとグラフが出来ますね。
これも測定時のケイデンスに依存して・・・後は秘密です。

ちなみにここは毎日欠かさず読んでおりますです。(笑)

投稿: かさはら | 2005/02/03 23:45

ホンダで一番速い車のオーナー様、まいどです。
AT情報、硬派だった時代のバイクラ記事でしょうか?

投稿: ローラー | 2005/02/03 23:57

そうです。その抜粋記事の載った書物は今も手元にあるはず。

投稿: 一番速いのはNSXだがね | 2005/02/04 01:29

いまでは「青年誌」な感じですね。

投稿: やはりTYPE-Rざんす | 2005/02/04 08:46

車買えないのでゲーセンで我慢してます。しかも、AT車...。

投稿: 60.0kg | 2005/02/04 12:39

当時私もやりました。5分ごとに点を書くやつ。
おそらく、「ATを教えてくれた男」さんとはタメ歳です。

投稿: 方眼紙に点を書いた男 | 2005/02/07 17:29

「ATを教えてくれる女」どっかにおらんかな、、、。

投稿: 晩酌中ローラー | 2005/02/07 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58314/2792618

この記事へのトラックバック一覧です: ATを教えてくれた男:

« 昔は遠くへ行っとったわ(2) | トップページ | 地獄のトレーニングと言えば »