« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/31

こうすれば自転車強よなるぞ

通勤忙しいから、しばらく写真無しです。

プロ選手達も、この時期は暇なんで(レースが無いってことね)、
長電話して日々の生活のお邪魔をしてます。
いつも同じ事ばかり聞いて、多分嫌がられていると思うけど、聞
くことは一つ「どんな練習してまっか?」
「何食ってまっか?」に行き着くわ。
でも、普通のもん食って、酒もそこそこ飲んで、あいた時間はネッ
トサーフィンとPS2に時間つこてる。
揚げ物規制もせず、チョコもケーキも我慢せずの姿勢は正しいと
思うな。

ようは「地味な事(地味な練ね)をどれだけ我慢して継続できるか」
だといつも言われてシュンとなる->わし。(想像ですけど)莫大な
賞金をもろてるわけではないので、家族が作ったおやつを背中一
杯詰め込んで吹雪の中をもくもくと走る日々が、目に浮かぶわ。

がんばれ!みんな。
そして、がんばれ!俺。

自転車:通勤往復16km


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベリーサ

以前からマツダのベリーサが気になっていた。
奥さんの気持ちはほとんど日産のティーダになっているのだけど、
マツダのディーラーが徒歩圏内なのでお邪魔しました。
ぱっと見の質感や愛らしいヘッドライトがいかしてる。
最近このあたり1500ccって激戦区やね。
荷室のレイアウトなんか、も~忍者屋敷状態。ここにも!そこにも!
あんなとこにも!そんな事にも!

「フル活用したら、どこに何を入れたか絶対わからん」位に便利。

デミオから試乗させてもろた。どうしても我が家のリッターカーが基準
になるので「甘口」な評価を出してしまう(ごめんよマーチ君)。
車体はもちろん、操作するスイッチ一つ一つに「新車感」というか
「しっかり感」が滲み出ておる。たった300cc多いだけで、こんなに
走りが違うもんかと、愕然としたわ。ディラーに戻ってマーチの顔みたら、

「すねとった」。

次にベリーサ。さらに上やな。ドア閉めるときなんか「ボッフゥ~ン」
ちゅうな音が重厚やな。走りはデミオに比べたら重々しいけど、
「ええ車に乗ってる」っちゅうのが、シートからハンドルから、シフト
ノブから染み出て来る。これは高速道路を飛ばしたいぞ!んで、今度
島根に帰省するときは、中国自動車道の津山あたりのワインディングを
時速○○○で突っ込んでみたいわ。

夜に営業マンがノーアポで来た。気の毒やけど飯時だったので門前払い。
1月の決算日だったのでかなり焦っておったのぉ->営業君。
その意気込み高く買うので、あと50まんえん、

「まけなさい」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/30

力落ちましたわ

今に始まったことちゃうけどな(泣)。

去年の11月、ツールド沖縄に出て以来、ロード練習なんかしてなかった。
シクロで30分フルもがきしてたし、日々通勤で16km~50kmとバリエーション変えて
乗ってたから、まぁまぁ走れるとおもてたけど。

「ダメ・ダメ・ダ~め・ダメ」。

LSDペースやのに、80km超えたら足が攣りだして、その事実に愕然となったよ。
初心者みたいな発言やけど「おしり、痛くて苦痛です」。

去年の10月から始めた新人が3人来た。3人とも、ごっつ走れることに驚き、
全員ヘビースモーカーということに、またまたビックリ。

やっぱりな、距離のらんと、アカンな。
これ、日本の常識・世界の常識。

自転車:100km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/29

ウロウロ

base

ashi

bal

近所。エエ天気やったな。明日から凄い寒波来るってTVでゆうてるし。

茂みにあったボーリングの玉
葦で作った船
市民球場の、なんかワカラン飾り。

自転車:適当に70km


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/27

金の成る木でGO!GO!

0127-1
うちの小娘が取りました。滅多に水もやらんので、ばかすか大きくなってます。ええ植物です。

たまには自転車の事でも書いとく。
ときどき一緒に走っていただける、M井さんの事でも書こか。2004年、修善寺であったオリンピックロード代表選考会で、最終完走者と書けば、ばればれやな。
練習は一切アウターを使わない。一切もがかない。補給はコンビニでお湯を貰って食べるカップラーメンがお気に入り。毎晩大瓶2本のビール+日本酒の酒を欠かさない。揚げ物、肉野菜なんでも気にせんと食べる。ウエイトトレーニングに興味無し。サプリメントは飲まない。機材も一切普通の物を、大切に使う。家事手伝いもちゃんとこなす。自転車以外の趣味は、古本屋めぐり。いつもニコニコ朗らか。いっしょに飲みにいくと、さらに朗らか。デュラエースのパーツを使ったママチャリに乗っている。

チャンスがあれば、もういちど全日本チャンピョンになってください。M井さん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

なんじゃこりゃ~!

0127-2


「やきそば」じゃ!悪いか!(悪い、悪い。)

ヘルシーにしようと思って、キャベツをバカ盛りにしたら、このありさま。
写真だと全く食欲湧かないけど、ほんま美味かったのよ。
信じてちょうだい。

これをお好み焼きに挟む「モダン焼き」も得意だと言うておこうか。
ああ、また自慢してしもた。許して。


自転車:通勤往復20km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/26

舎弟

1111

「淡麗の兄さん、大丈夫でっかぁぁ!」
「お、おお!健譲、もうアカンわ、、、」
「あにさん! 体ベコベコでんがな!!!」
「、、、もうケツの毛までむしられたがな、、、。そういうおまえも偉い前かがみやないか!?」
「へぇ、あっしもやられしまいやした!!!」
「二人とも、あっちゅうまにスッカラカンにされてしもたのぉ~」
「こうなったら はぁふ の親分さんにガツンと行ってもらやしょう!」
「おお、そやなぁ! はぁふの親分、どうか仇、たのんまっさぁ!」

「よっしゃ、わかった。ガツン!と一発かましてきたるがな!!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の部屋

0126

自分の置かれている住環境って「普通」やとおもてる。”ふつう”という表現はなかなか難しいけど、「遊んでる部屋が一つもないよ」ということかな。写真は自転車部屋です。マンションの共有廊下に面したとこに、よくあるやろ?ガスメーターとか、水道メーターを仕込んであるBOX。この中にいろいろ工夫して、車輪4ペア、自転車1台、フレーム2本、パーツやタイヤなんかをいれてある。家の中でメンテなんかできる場所もないので、寒い夜なんか隣人が寝静まった頃合を見計らって、ジャンバー着込んで廊下でやる。

好きなことやってる時間は、寒さもあんまり気になれへんよね。
ローラーも部屋の中で音楽聴きながらとか、ビデオ見ながらって憧れるな。自分はソ~っとベランダに一式持ち出して、サッシを締めてやる。月見ながら、星見ながら。吐く息は白く長く。以外に気持ちええのよ。

2LDKのマンションに親子三人で住むのって、実は楽しい。おとんやおかんがTV見てる横で、子供は学習机に向かってたり。飯食いながら勉強の質問に答えたり。絶えず誰かの声が届く空間が、自分は好きや。

狭いながらも楽しい我が家。
これ、ほんま。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/25

012501
体にエエ酒という文字にひかれて、二種類買ってしまったやん。
情けないぞ、自分。

20歳のときに日本酒を飲み始めたような気がする。
当時体育会の卓球部に入っており、浜辺の近くで合宿してた。練習が終わって先輩達と波打ち際の砂浜でしこたま呑んだ。正確には呑まされた、、、やな。翌日も練習あったけど、起きる自信が無くてオロオロしてる自分に、先輩がゆうた。
「もうちょっと下(波の近く)で寝とけ。」
意味がわからずも、先輩の指示に従ったわ。

翌朝、足もとが偉いこそばい。こそばいし、冷たいので目が覚めた。

先輩は、その当時の日の出の「波のよせ際」の位置を知ってて、それを目覚まし時計かわりに、自分に教えてくれたの。先輩は就職して偉くなって、癌で死んだ。

あの時も今も、酒の味変わらずやな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世も末やな

「うっわ、雨降ってるヤンケ!」
「最悪やぁ、さいあく!」
「おまえ、ワシのチャリ(自転車)のケツ(後ろ)乗れや!」
「なんでおまえのケツ借りなアカンねん!」
「ええやんけ! 濡れるよりマシやんけ!」
「ほなワシの家まで送れや!」
「いやじゃ、ツレとあとで歌いにいくねん!」
「ほな、わしにチャリ貸せやぁ、、、」


これ全部、ジャスコに寄り道してた女子高生の会話。
決して河内弁を彼女達が使っているのではありません。
おじさん、泣きそうになりました。

自転車:通勤往復16km

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/24

1月22日

0122-04

0122-03
翌朝の屋外は氷点下5度。大阪では感じられない「爽快な寒さ」やねぇ。
おもいっきり鼻から息吸っても、爽快なキンキン度合いを感じるねぇ。
0122-01
ゲレンデ最高地点は標高約2300m。真っ白な世界には風俗店もウエムラパーツも無く、ただただ
澄んだ冷たい空気と、クロっぽい青空、風の音だけやったわ。

それにしても、スキー人口ごっつい減ってる。スノボー人口もスカスカや。
リフト待ちゼロどころか、無人ゴンドラ多すぎ。ここは一発食堂でも盛り上げたろかとおもたけど、
勿体無いので我が家の昼食は、車の中でカップラーメン作って食べました。

車には、天然のオーバーフェンダー。

自転車:通勤往復20km

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1月21日

毎年恒例にしている、家族のスキー旅行。
小学校の下校時間にあわせて16時発。大雪の予報があってハラハラの道中
だったけど、彦根ですでにこういうカンジ。
0121-01

中央道は無事クリア。諏訪ICでおりて慣れない山道(ところどころ凍結路面あり)をドキドキ走行後、
池の平ホテル着。しかし期待していた”世界のバイキング料理食べ放題”はすでにクローズ。
ホテル側の配慮で、”世界のバイキング皿盛り”が部屋に配達されておりました。
0121-02

「世界の」というより「無国籍で多国籍な冷めたオカズの展覧会」の開催。写真は「洋」と「中」です。
これに”冷ご飯””冷えた味噌汁”の「和」がついております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

くるま

秋に車検を控えての車探し。ヒマを見つけては奥さんとディーラーを巡って。
家族の要望・大前提は「ドアは4枚」。それ以上でもそれ以下でもダメ。
シメシメと思ってスバルインプ、ランサー、挙句はランチアデルタまで視野に
入れたけど、今からWRCに参戦する予定も無いので却下。

”見るのはタダ”ということで、ボルボ、ワーゲンも触りまくってきた。
後日ボルボから来場御礼が郵送されてきたけど、ひとこと営業マンに言とくわ。

「5百万円近い車売ってるのだから、もう少し綺麗な字を書きたまへよ。」

現実的な候補は、日産のNOTEとTIIDA。
営業所の説明では、エンジンは共通。ターゲットがNOTE(若い人)に対して
TIIDA(少し若くない人)。うちは「もう若くない」から後者が有力。
試乗してはいないけど、内装の質感はかなり違うぞ。NOTEは”コンパクトカー
並”に対してTIIDAは”コンパクトカーにしてはやりすぎかも”という具合。
運転席に座った瞬間、違いを感じますよ。定価ベースで20万前後差がある
ということなので、違いがハッキリわかるのはある意味嬉しいかも。

NOTEのウリのひとつに「ユーロスポーツなんちゃら」という足回りの装備。
よくわからんけど、ともかくヨーロッパの人みたいに高速道路走行がエエでっせ
というスプリング(?)が付いとるらしい。

「よくわからん装備」って魅力的やね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/01/20

パチキ

TVで映画の予告編を見ました。
井筒監督の「バッチギ」。googleで検索したらハングル語で
“突き破る、乗り越える”“頭突き”の意味を持つのが分かった。

さぁそこで、周りに関西人(なるべく大阪の人、それも男子が
よろしい。年齢も40歳前後。)がいたら聞いてください。

「パチキって何?」と。イントネーションは”マクド(マクドナルド)”
に非常に近い音程でお願いします。

小学生のころ、売り言葉に買い言葉で相手を脅すときに「おまぇなぁ、
パチキかましたろかぁ!」というセリフが氾濫しておりました。この言葉
のルーツがどうやらハングル語ではないかと推測した次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/01/19

これはアカンやろ

DSCN0275


写真のポーズは、知人のサイトのマネ。
この180の耳当てって人気あるのかね?
どうやって装着しても”痛い”な。ためしにがんばったけど、2時間が限度。
真冬にのんびり長い時間使うのは、とてもムリだわ。

自転車:通勤遠回り45km

| | コメント (3) | トラックバック (0)

わしは、アマツーキニストです

昨日の夜はちょっと気温高めだったので、遠回りで
帰りました。会社を出てから自宅とは正反対に向かって
走り出すのよ。
足元はビジネスシューズにMTB用のタイムペダル。
クリートキャッチ用のワイヤーが出っ張ってるから、漕ぐ
と足の裏がカクカクするわ。
ここは通販サイトで通勤用平ペダルを買い物かごに入れたい
ところやけど、思いとどまってる。欲しい度★☆☆☆☆。

何もわざわざ「通勤専門誌」に踊らされることもあるまい。
平ペダルが欲しかったら、ホームセンター行ってママチャリ
用の安モン買えばええやんかというのが今の気持ち。

つい最近も通勤記事の取材に、近隣のショップチーム取材
があった。
「通勤専門衣装」に身を包んだ人が「通勤用素敵自転車」に
跨って満面の笑顔キラキラの記事が載るのかいな、、、。

”そんな眠たい記事の連発はやめなさい”と言うとくわ。

世の中にはプロツーキニストも仰山おるけど、自分のような
「アマツーキニスト」の方が多いと思てるねんけどな。
払い戻しが出来ない仕組みの定期もろて、スーツに革靴で
しか通われへん環境。さらに毎晩がんばって痛飲まで
しとるがな。

「それでもニコニコいっとるワシを取材しなさい。」

自転車:通勤遠回り50km

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/01/17

旬のもの

led

「ヨドバシカメラ」(梅田店)と「白色LEDの華」。

物凄い速さで時代が動いてます。怖いね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD買ったら嬉しくなった

cd


突然聞きたくなったので、アマゾンで購入しました。
昔はJ-POPなんて言わなかったな。
学生のころ、友達が車を買った記念に、5人で同乗して
窓全開で車中大合唱したのが「SOMEDAY」。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/16

AMG

メルセデスのチューニング車ですよね、確か。

レースの帰り、信号待ちで隣を見ると、三菱「デボネア」が止まってる。
運転は、かなりのじぃちゃん。
サイドモールを見ると「AMG」の文字があって、じぃちゃんえらい
いちびっとんなぁ、、、と思ったの。

同上していたチームメイトの話によると、昔、AMGバージョンのデボネア
があったらしい。
渋過ぎるね。

自転車:関西シクロ第7戦参加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/15

死体

ono

「休日・雨・TVサスペンス豊富・昼間っからビールぐびぐび」
至福の四拍子揃った後の、うちの奥さん。

まだ夕方でっせ。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/01/14

強烈やで強烈!

onetwo

きっつい看板やろ。

これが近所の住宅街に燦然と輝いてる。
吸い込まれたアホども、数知れず(の筈やな)。

ホテルは、これも近所。かわいい名前やね。写真のアングル考えてたら、
”ファンタジスタ”を乗せた車がス~っとガレージに入って行った。
今ごろワンワン、キャンキャンゆうてるぞ。
今日はそんなフライデー・ナイト。

自転車:通勤遠回り50km


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/13

ほねほねビル

kcn


ガッシリ手で持っても、デジカメの手ぶれ警告が消えないね。
うちの会社が入ってるビルです。
外側に柱がある工法とかで、地震に強いらしい。
でも、見栄えよくないと思う。
夜間の照明もちょっと不気味。

自転車:通勤20km 寒さちょっとマシ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/12

流したこと

ついでやから、他の楽器のことにも触れておく。

社会人になってからも、メンバーは変わったが細々と音楽は続けてました。
ある日お袋が、どっからどうやって手配したのか分からんけど、どもかく
「ドラムセット」をもろてきてくれた。

知り合いの息子(どこにでもドラ息子っておるもんやね)が手放したらしい。
マンションのせっまい四畳半の部屋に運び入れた。「自分の目の前に
ドラムセットがある」という気持ち。わかる?

自分の家に芸能人がおるんとおんなじ気持ちなんよ。それくらい珍しい
こと。最初は嬉しゅうて仕方ないけど、日がたつと「邪魔でしゃぁない」。
普通にたたいたら物凄い音だから、全然使い物にならん。
太鼓の隙間に布団敷いて寝起きする不便さ。物ひとつ取るのも、いちいち
大太鼓またいで、小太鼓またいで、シンバルのしたくぐって、ペダルで
足の小指打ちつけてようやくたどり着く。ごっつい「長旅」やな。

バンドのメンバーでサックス担当のH君が、一人でアパート借りて住んでる
のを思い出し、とりあえずセット一式の保管に押入れを貸してくれることに
なった。半ば無理やりともいうけどな。

半年ほど置かしてもろたけど、H君の結婚が決まってアパートを出ることに
なった。申し訳なさそうにドラムを引き取ってくれ言いよる。
「うち狭いねん、アカン。」もともと自分の荷物やのに無茶な理屈で断った
けど、さて困った。出した結論は「捨てる」。でも、粗大ゴミの日は遥か
先。H君の引越しは間近に迫ってる。「結婚祝いやとおもて、もろてくれ」
と拝み倒したけど、断りよった。まったく、友達の気持ちの全然分からんや
つや。

当時のベーシストが恐ろしい計画を思いついた。前の話といい、ベース
弾くやつの頭って怖いな。ベーシストいわく「H君のアパートの横、ごっつい
川(淀川)流れてるやん。台風の日にでも、流したらええやん、ドラム。」

「ドラム、流れるんか!?」他のメンバーが驚いて聞いたら、平気な顔して
言いよった。
「みんなアホぞろいやなぁ。よう見てみぃ。ドラムって中、空洞やぞ。
それにピッチシ密閉してあるからええ音出るねん。つまりなぁ、そこらに
すぐ沈むんちごて、沖合いまで流れるから、絶対バレへんがな。」
「シンバルとかどうすんねん!?」
「これもエエ手あんねん。中央の穴をガムテ(ガムテープ)で塞いでやな、
裏返してそ~っと、、、」
「そ~っとどうすんねん!?」
「、、、太鼓と一緒に流すねん。」

マジで終始こんな調子だったわ。だれも笑ってなかったから、
かなり真剣やったんかな、、、。
思い出したらアホだらけの会話だけど、当時としては他にアテが全く無かった。
運よく台風後の増水の日が来て、まぁ決行したわけですが、バスドラムが
プカプカ浮かんで流れていく姿は、そらぁ凄かったわ。
スネアドラムは直ぐに沈没。ハイハットもシンバルもまったく浮かばず。

バスドラムのペダルを「記念にくれ」ゆうて、ベーシストが持って帰った
けど、いったい何に使ったんやろ???

※ちなみにH君のお父さんは現在、愛媛県のS宮村で村長
 やっておられます。


自転車:通勤20km 大阪市内も雪ちらついてます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

燃やしたこと

gut
今日の話は長いで。読んでくれる奇特な人、おったらゴメン。

ある方のブログにご本人所有のギターを見つけたのだけど、どうもテレキャスターっ
ぽい。その人いわく「若いころ、ギターのヘッドをギコギコ切ったので、そう見える」
ということ。
その”若気の至り”に激しく同意せざるをえない事実を思い出した。
ブログに載せようとおもてわざわざ実家からギターを持ってきたんで、
みんな目を凝らして読むようにたのむわ。

実はナチュラルな木目に飽きたころ、ギター雑誌を眺めていたら、
渋いギターが目に飛び込んできて、”モーレツ”にハートを射抜かれたわけ。
つまり木目がどす黒く光る「サンバースト塗装」というやつ。
サンバースとの説明はこれ↓

http://www2.tokai.or.jp/nex/electric/yougo/sgyou.htm

どんな塗装かサッパリ分からんかった自分は、近所に住んでた「木材の専門家」
のおっさんにアドバイスを求めたのだわ。
ギターの写真を一目見るなりおっさんは「こらぁ簡単な話や。火ぃつけんねん。
わしがこしらえた裏手の家の塀がこれで造ってあるから、いっぺん見に行ってみ!」

言われるままに裏へいったら、ナルホド。板塀が綺麗に燃やして木目が浮き出てる。
”へぇ~、ギターの塗装技法を建物に使うなんて、日本家屋も奥が深いなぁ”
と関心し、早速当時近所に住んでたベース担当の吉田君を呼び出した。
吉田君は高校1年のくせに喫煙歴がある->だからライターを持っている という
単純明快な発想。

事情を話したらアッサリ「放火」を快諾。アホの友人もやっぱりアホやということ
やね。持ち物はジッポのライターだけでええよと言うたのに、現れた吉田君は
リッケンバッカーのベース(当然にせもん)を肩から下げてノコノコやってきよった。

儀式はオゴソカに始まった。ギターのネックを抱きかかえてボティを空中に
浮かせると、吉田君のジッポの炎がジリジリとギターを焦し始めたがな。予想では
ガンガン燃え進む筈やったのに、全然アカン。少し燃えた部分をよく眺めたら、
木材むき出しじゃなくて、その上に透明のポリウレタン層があることが分かった。
分かったけど別の手を考えるでもなく、アホ二人はひたすらジッポであぶり
続けたわ。

するとポリウレタン層にようやく小さな炎が安定して着火。吉田君突然ライターを
地面に放り出し、ベースを抱えて「今や!」と叫んで、ディープパープル
のヒット曲「バーン」のイントロを引き始めた。当然外やからアンプなんか無い。
アンプの無いベースギターはほんまにショボイ。ショボイけど吉田君本気や!
「お前も早よ弾け!」火のついてるギターを抱えて呆然と吉田君を見ていると
「アホ、これはKISSのライブや!はよ弾け!」
「でも曲はKISSちゃうで!?」
「ギターを燃やすのはKISSや! でも今の気持ちは”バーン”や!」
「そやな! バーンやな!」

なんか分からんけど、ノリノリでベースをべろんべろん弾く吉田君を見てたら、
弾かなアカン気持ちになってきた!でも二人とも悲しいけどイントロしか
知らんから、そこばっかり延々弾いてたわ(火傷に注意しながら)。
相変わらずギター表面はチョロチョロしか燃えへんのに、ギターに付けてた
ストラップが延焼し出した。これは布でできてるからアッという間に全焼
の予感。予感どころか「予感的中」。

ストラップが切れて「アホのディープパープル」野外ライブも幕を閉じた。
多分このブログなんか絶対読んでへんと思うけど、
「吉田君、今でも燃えてるか!!!」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/09

関西シクロクロス

vitt


今日も近畿一円からの参加者で、大盛況でした。
自分のカテゴリも50名ちょうど。準備をぬかったので最後尾スタートでした。
TD沖縄では完走できなかったけど、その後それなりの体調で始まったシリーズ
だったけど、年末年始の暴暴暴暴暴飲、暴食で体重が64kg->69kgで
迎えた本日。当たり前だけど、もう全然登れないのに笑けて(笑えて)しまったわ。

深い泥濘地や、残雪のズルズルなわだちのあやふやさが、物凄くスリリングで
楽しい。チームメイト(元おおえだRC)氏は、年末の西湖でJCRC-S昇格の
つわもの。瞬く間に前方に上がっていくのを見送りましたね。

スタート直後に心拍を188まで揚げて、ゴールまでの30分をそのままで
いくので、ほんまに血の味が喉のおくにこびりついて、毒々しいね。

自転車を始めたばかりの25年前は、細いタイヤが正義に思えたけど、
いまじゃ、32Cの虜。
実質的に自分は来週の第7戦でシーズンを終えるけど、自転車を継続的に
「練」できなくなっても、シクロクロスだけは続けていきたいな。

楽しいマシン、楽しい、、、なかま。

写真は今回初投入のタイヤ。2.7気圧でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/08

冬景色

takamiumi
日本海に面した海。実家の窓から見える風景。晴れたら隠岐が見えます。
対するは、おうちのベランダからの風景。
「まちのネズミと田舎のネズミ」がいたら、どういう感想持つかな、、、。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ゲゲゲのきたろう

sakai

実家の近所のパチンコ屋。ここまで便乗すると偉いと思うな。
鳥取県・境港市は水木しげるの故郷です。水木しげるロードって商店街があって、
週末なんかにネズミ男さんが、ウロウロしながら観光客の写真撮影に、気軽に応じて
おられます。

写真をダウンロードしないとみえないけど、
「出玉のおやじ」って書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/06

おでんです

nabe0106kake0106

「おでん」を初めて知ったのは、マンガ”おそ松君”で串に刺さったのを見たとき。
家では普通におかん(母親)が作る”かんとだき”を食べてたのにね。
ちなみに漢字では「関東炊き」でええのかな?

大人になって就職で横浜に住んだとき、”ほんまもん”のおでんを食べて感激
したなぁ。ホルモンを串に刺したのが入って無いだけで、家でくうてたおでんと
まるっきし同じだったので、ホッとしたり拍子抜けしたり。

酒の写真は、見ての通りです。
大吟醸やら特選やらケツの穴がこそばくなるようなうたいもんくなんかゼロ。
紙パック、¥1270(税込み)。

でもね、
「これで、いいのだ」。

自転車:通勤往復20km 雨降って寒かったなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

スパムに文句言うてもしゃあないけど

オイ、今日わしに来たスパム。
「あけおめ!」って書くな!

いったいどこのドイツが言い出したんじゃい!「あけおめ」。
遠方に電報を打つのに、モジ数が多かったので節約の
ために短縮したんなら、許したる。

けれど、
「なんでもかんでも短く言ったらオモシロイから」という理由、
(おもろないんじゃ!アホ)

「はやってるから」という理由、
(はやってないわい! 、、、自分のようなおっさんの周辺ではな)

「なんとなく」という理由、
(文句のつけようがない 、、、)

許せんで、まったく。
ほんでなぁ、スパムよ。最後にこれだは言うといたるわ。
関西人に「あけおめ」って書くときは、こう書くねん。

「あけおめ○」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/05

夜景とりました

sake0105yakei


うちのマンションのべランダから撮りました。
そうです、そうです。「ごっつい都会です」。

大げさに言うと「新宿副都心から徒歩10分に住んでます」
という具合です。つまりそれだけ大阪市内は小さいわけ。

”欲望渦巻く町 大阪” ”眠らない町大阪 24時”
なんや特番のタイトルばっかり思い浮かぶな。

ワインの写真は本日の酒量です。あと残りわずか。がんばります!
けど、いろいろな人のブログって、エエ酒写ってるなぁ。
自分なんかこんな「500円でつり銭有り」でも結構ウマイウマイ
言うて飲んでしまうあたり、グルメに縁が無いな。

自転車:通勤20kmごっつ寒いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/04

毎日シクロクロス

下に記載した「くさい犬」の話に隠れてしまったけど、実はもうひとつ書きたい
話があったのを思い出した。
犬小屋の周りの積雪は、ゆうに15センチ位ある。近年積雪が減ったらしいけ
れど、それでも大阪市内で生まれ育った自分には、すごい光景なんだわ。

当然車は、スタッドレスタイヤやチェーンを装備して走ってます。
だけど、驚くべき光景を目の当たりにしました。人々はそんな道路を何事も無い
ように「自転車」で行き来していること。

普通の実用車で、普通のタイヤだ。自分などが趣味でやってる「シクロクロス競技」
なんかだと、実力も省みず路面に合わせたタイヤチョイスなんて生意気な事して
るわな。

けれど、人々は春夏秋冬「普通のタイヤ」。流石に慎重に走ってはいるけれど、
それでも片手で傘を差してたり、前後に荷物満載とか、後ろに子供を乗せている
とか。老若男女すべてがそういうテクニックを持ち合わせていると見た!

この地で育ったうちの奥さんいわく「あ・た・り・ま・え」だそうです。
(わが国は、”実用シクロクロス”人口が世界一だとおもいました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/03

トヨタ・セリカ

car

これだけは言うときますけど、
「正露丸の大きさを自慢したいのではないのです。」

2,3年前に買ったRC(ラジコン)。皆同じように子供時代はRCに憧れ、
一部のボンボンが持っているダケで、下々には縁の無い世界でしたわ。
大人になった今、堂々と己の金で誰はばかることなく自分の物にできる
幸せ。大人になってよかったなぁ!ざまあ見ろ、子供!(って誰にゆうとんねん
わし、、、。)

確か¥2,000でお釣が来たと思う(お恥ずかしい)。
オプションの”スポンジタイヤ”を買って、グリップ力大幅UP!
さらに”パワーモーター”なる別売の心臓部もあわせて購入。”大人買い”って
やつだわな。

ところが”パワーモーター”に入れ替えて驚いたわ!驚いたというより、その
動きに愕然となった。確かにパワーは増大したのかもしれんけど、なんか
偉いスピードダウンや。謎めいてるモーターを前に、説明書を良く読んだら
次のように書いてありました。

「トルクの増大と共に、テクニカルなコース、車庫入れのプラクティスに、、、」

はぁ??? ほな何かい? 
わしにRCで車庫入れ練習せぇっちゅうんかい???


自転車:猿のいる山往復50km

| | コメント (6) | トラックバック (1)

やっぱりまさよ

love2love1

奥さんの実家近所の犬。本名は犬種そのままに「ラブ」というのだけど、
自分はずいぶん前から「まさよ」だと勘違いしていた。つい最近になって
”まさよ”というのは飼い主のおばちゃんの名前だったと判った。
自分的にはおもろいので、まさよでええわ(本人が知ったらマズイか?)。

このいぬ、とにかく「臭い」。夏場なんか10mくらい手前から「まさよ臭」
が漂ってくる。頭なんか撫でてしまうと、手に強烈な「まさよ臭」が
こびりついて大変なことになる。
自分を触った人は、一目散に家に帰って石鹸でゴシゴシ手洗いしている
とは、この犬知る由も無し。

今年は写真の通り元旦から凄い雪(滋賀県の平野部ですよ)。
ココロ静かに新雪をサクサク踏みしめて近づいたけど、やっぱり
「まさよは臭かった」。

「まさよさん、本年はどうか”まさよ”を洗ってやってください。」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »