2017/08/16

盆休みに骨休み

昨日は盆休み最終日。

お袋をつれて京都へ墓参りに行こうと誘ったら「暑いし、面倒くさい」の一点張り。本人いわく「ちょっと前まではヒトの寄り集まる場所が大好きやったのに、今は自宅で扇風機回してノンビリ高校野球をテレビで見るのが好き。もうあまり出歩きたくない」だと。それじゃ、近所の寿司屋で昼飯いくか?おごるぜと提案したけど、これもやんわり断られた。

結局、そこらにあるものを食べておしまい。歳とるってこーゆーことなのかとシミジミしてしまった。長居するとだんだんイライラするのでそうそうに帰宅。

夕方、気分転換に銭湯へ。敬老サービスディってことで70歳以上なら240円で入れる日。自分はもちろん通常価格410円。中にはいると高度経済成長期をどっぷり体感したであろう爺さんだらけ(汗。
年金暮らしには410円はきついわ~、毎日240円にならんかの~ なんて会話があちこちで。

自分もそうなるんかな、、、。お袋の事といい、爺さんたちの会話といい、いろいろ考えさせられた。

銭湯の前の出来事。
この前ワイハで没になったコンデジを買いにヨドバシへ。ある程度の防水機能ってカテゴリで探すと、「こんなの簡単に持ち歩けないし、岩場でぶら下がってる最中に片手で撮れやんがな」っていうシロモノばかり。
カメラを持たずにいった上高地では、小池さんのスマホの世話になったけど、扱いが非常にデリケートなので”スマホはやっぱりスマホ”を再認識。落下させて壊したりしたら、死ぬほど嫌いなケータイショップに出向かねばならんという巨大なリスクもはらんでいるし。


| | コメント (4)

2017/08/14

六甲、クライムオン!

Dsc04461

前日まで高速道路の渋滞でクタクタな体調だったけど、不完全燃焼もタップリだったので、兄弟子のお誘い意を二つ返事で「岩!」へ。
六甲の保塁岩に立つと、びっくりするほどひんひゃり。何かイベントでもあるのか、ケーブルカーは満員。でもさすがに岩登ろうなんて酔狂な人は自分たちだけ見たい。


Dsc04470

久しぶりに小さなスタンスに立ったり、岩粒のホールドを握ったりする感触が懐かしかった。
思い返せば兄弟子に誘われてクライミング講習会に出て見て、こりゃ向いてない(今も向いてない)わ、怖いばかりでどーしてこんな空中にいるんだろう

なんて思っていた頃が懐かしい。今じゃズーズーしく登れない自分がなんとなく可笑しくて滑稽で、他人事のように客観視できてるし。


Dsc04500

当時と今、登れているグレードなんて全然進歩してないけど、あの日ガイドさんに弾いてもらったルートを、兄弟子と二人きりでドキドキしながらも自分たちだけで空に向かって突き上げて行ってることに

ものすごく幸せを感じた。

人生、長くない。呆れるほど短い。最近本当にそう思う。
ちょっとでもきになる楽しいことがあれば、やってみるのもいいと思う。まだまだドキドキしたいな。


| | コメント (2)

人、人、人

ウィークデーに疲れ果ててしまい、早起きする力が残っておらず、土曜の午前8時にようやく家出。

「2時間以上かかって」やっと京都市内とか。その後もめくるめく渋滞に揉まれまくって奥飛騨へ。
やっぱりこの国は、平日にフラフラ休んで遊びに行くってことを許さない風潮なんだろうなぁ。無理して連休に遊びに出かけるしか無いんだよなぁ。

平湯から最終バスで上高地入り。夕方なのになにこれ?ってくらいの人。ドキドキしながら小梨平のテン場に行くと、かつて見たこともないような数のテントで地面が見えない!

Img_1280

周りはレジャーテント満開。うちのようなみすぼらしい小汚い、山岳テント派のみすぼらしいこと。
よそは、大規模なバーベキューとかハンモックとかすごい椅子とか、雑誌でしか見たことない設備で溢れてる。

Img_1282
気を取り直して、昼間は人で溢れかえる河童橋のたもと、夕方にジャックして宴会。次の日もどこへ行くとかどこへ登るとか、、、、ない。今年に限っては、小池さんと自分の休みが合わなかったり、色々あって思ったような山に行けない。ま、それも贅沢な話なんだが。

この夜のメニューは、
我が家の定番「日清焼きそば」に常温保存の紅生姜を散らしたもの。河童橋横の売店で仕入れた鴨肉の燻製と毎度の「上高地ワイン」。あとはテキトーに持って行った野菜を炒めたり、、、だったかな。
夕暮れに青黒くなって行く穂高連峰見上げてたら、それだけで腹一杯。

翌朝5時前、なんだか軍隊が行進してる?っていう物音で目が覚めた。
シュラフの中で身を起こしてじーっと聞き耳立てたら、なんと!一番バスで入山した人の列が大量に涸沢や槍ヶ岳目指してる。すごい数。

自分たちは、、、自分たちは、どこへ行くあてもない。なんだか置いてきぼりにされた感満載。
地図見て思いつきで「屏風岩の偵察行こう」(人口登攀練習してないから多分無理)と決めてパノラマコース目指したら

”雪渓が多く残っていて通行止”というあっけない幕切れ。やけくそで横尾山荘まで歩き、蝶ヶ岳登山道の途中にある「槍見台」なんて洒落たベンチまで行くと、そこに見えたのは本家・槍ヶ岳ではなく、涸沢槍だったという結末。

けど、十分に幸せ。

Img_1292

翌朝はいつもの場所で朝飯作って食ってぼんやり山見て空気吸って。

Img_1287

Img_1293

平湯バス停に戻ってきたら見たこともない人の行列。千台近く止められる駐車場から溢れた車は、ヘリポートや路上にずらり。山の日ってこの先もこんな日になるのかなぁ。
帰りも高速は酷い渋滞。疲れた。けど、やっぱり休みがあれば、連休が来れば、行くんだろうな。しんどいけど、楽しいし。


| | コメント (4)

2017/08/07

花火、六甲山、ロープワーク

端的に書くと、こんなかんじの週末。

ハワイに行ったのが気のせいだったかのように、ふつうの日常に埋もれた一週間。ちょっと気になる事があり、土曜日、朝6時半に阪急芦屋川駅から六甲パトロールへ。さすがにハイカーもまばらでストレスフルな渋滞も無い。
日陰を選んだコースどりでもまとわりつく湿度にはまいった。軽い熱中症。早々に下山すると前から前から登ってくる登ってくる。

みな一様に顔が真っ赤で目が泳いでる。内陸性気候の顕著なこの山域は、真夏に登るのにはまったく適していないからもっと早朝に行かないとダメだと思う。

※ところで登山口の茶屋のとこに、一匹の可愛い「ウリ坊」がいた。へ~、珍しい場所にいるもんだなぁと気にも留めずにいたが、茶屋の人の話によると、心無いハイカーが山の上から連れて降りてきてそのまま放置、、、したらしい。当然ウリ坊一人じゃ帰るに帰れず。山中に点在する野良猫に餌を配って歩く行為には目をつむるとして(もう誰がどんなに注意したってダメな状況)、「ウリ坊」をさらってきてどうする!?

世も末か、、、。

帰宅して家事->梅田に登山地図を買いに行く->喉渇いたから大きなテント状のサッポロビールの店でぐびり。
なんの目的で作った店かは知らないが、とてもつまらないビイルを飲んだ気分。二度と行かないな。

お袋を呼び、自宅で淀川花火鑑賞。ここ数年、毎年この時期はどっかに縦走行ってたから久しぶりに見る花火。
去年は”山の日”制定初年度で、大キレット歩きに行って皇太子ご一家にバッタリ会って。早いなぁ、もう一年かよ。けど、今年はたぶん行かないな。祝日がくっつく週末に行くと、登山道で酷い渋滞があったり便所に長い行列できたり、テント場争奪戦がきつかったり、布きれ一枚へだてた隣のテントの痴話げんかを聞くなど、痛い目に何度もあったので。

小屋締め直前の人っ子一人いない雲ノ平を、なんとも言えない寂しさの中、無言で歩いたトキの、そんな山旅がまたしたいな。

~日曜早朝~
再び六甲へ。近所にお住まいの”老師”から一年ぶりにロープワークの手ほどきを受ける。最近はもっぱら「大阪天満発・熊野古道完全踏破」を精力的に実施されてる話にビックリ。今回教えてほしかったのは、”ショートロープコンテニアス・ランニングビレイ”という、つまり距離を詰めて二人同時登攀しながら途中の支点構築と回収をする、そのとき余ったロープをどうやって操作するか、、、

なんて本やネットにはどこにも紹介されてないけど、渋滞する岩場を速く抜けるために必要かな?と思ったので。

Kuraimuup

久しぶりにこのデバイス持っていったけど、使い方サッパリ忘れていた。今のところ、懸垂下降、オートストップ、セカンドビレイ、空中停止とこれ一個で完結するので便利。けど、焦ってるときは間違えそう。練習しないと。

帰宅する車中、「山がもっとやりたくて早期退職した」老師の話を聞く。
自転車に乗りたいから退職したいとは一度も思わなかったけど、「こんな晴天続きなのになんで今、事務所の机にしがみついているんだろう?」って考えることが多くなってる。

Sirokuma

小池さんが出張に出たあとで、家の中がガラーんとしてて、ま、アイスでも食うかと。

また一人の一週間の始まり。


| | コメント (2)

2017/08/03

家族

最近読んだ本の中の一冊。映画化されたらしいとは知らず、本屋の「平積み」のワナにまんまと引っ掛かって買った。

Gokyu

内容云々の前に”号泣”を促す・帯に書くって、いったいなんなん?
母親の脳に腫瘍が見つかってそれを期にばらばらだった家族が改めて繋がっていくっていう話で、最後はちゃんと丸く収まる。

号泣どころか水一滴、目から零れ落ちずに読了。実際にそんなことになったら、高額の医療費の支払いとか、仕事を何日も休んで病院や手続きに奔走しなきゃだめだったり、まだ身近には起こってないけど多少の危機感は持ったかな、この本読んで。

で、現実はというと
近所に一人で住んでるお袋の定点観測にちょいちょい行くんだが、まったくフツーの時もあれば、アレ?前はこんなじゃなかったのにっていう行動や言動があってけっこうビビったり、ショック受けたりの繰り返し。

離れて暮らしていたときは、あと何回生きてる姿に遭えるのかと勘定して、愕然となったことがあるけど、近くにいてもそれはあんまり変わらないかも。

そんな筈はない、大丈夫だ、と自分に言い聞かせてうやむやにしたい気持ちだが、この先どう手を打てばいいのか、そろそろ考えないといけない。お袋だけでなく、自分たちのこともそうだ。遊びほうけていられるのも、あっちゅうまに自分自身の身の回りの事が出来なくなるに違いない。

先日も小池さんと、どっかのタイミングで我々もグループホームでも入るか、なんて話をした。
彼女もそれを聞いて、まだまだそんなの自分たちにはカンケー無いやん、、、とも思っていない様子だったし。

元気出していこう。

| | コメント (4)

2017/07/31

映画

最近映画館に行く機会がないので、飛行機で三本ほど。

「君の名は」・・・
絵が綺麗だった、おしまい。、、、、じゃ感想にならんのだけど、本当にそれだけ。話がよく理解できないし、男女入れ替わりといえば大林監督の”転校生”しかありえんだろうとの強い拘りがあるしで。

「オデッセイ」・・・
火星に取り残された飛行士が帰還するサババル的なやつ。見る前から「どうせフィクションやん、戻ってこれるに決まってるやん」という、うがった見方をしたもんだからあんまり印象残ってない。そもそも自分はSF向いてないことを思い出させてくれた作品。

「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」・・・
タイトルなが!やっぱ事実に基づいた映画はよい。一番グッときたのは、演じている俳優が一生懸命練習しただろうチアダンスをカンペキにこなしていたこと。エンドロールの撮影秘話的な写真もよかった。優勝が決まったときに泣いていたけど、本当に泣いていたんじゃないかな。

Loco
近所にハワイのハンバーガーとかプレートランチを出す店見つけたので、ロコモコ買ってみた。
上品な味付けでとても美味しかったけど、やっぱり現地で食った「やっつけ仕事」のようなロコモコが好きかな。

| | コメント (2)

2017/07/30

お疲れ様でした

Img_1277
大丈夫だろうと思ってワイキキの海で何枚か写真撮ったあと、ついに動かなくなった。
電池ケースの蓋を開けて中を覗き込んだ瞬間、何が起きたのか簡単に理解できた。

仕方ない、日本に帰ったらいつものサービスセンターに持ち込んで再生だなと思って行動したら、すでにパーツの保管が終了、この機種についての修理は終了しました、、、だって。

つまり、遅かれ早かれ、このカメラとの付き合いはここまでだったんだろうな。

色々なところへ持って行ったし、色々な山を一緒に登ったし、1TB近い容量の家族の思い出を撮ったし、もう「役目は終わった」んだと思う。思い出は物に宿るわけじゃ無いから、このまま廃棄。
この前修理したガラケーの契約も、来年三月で更新手続きの全てが終息してしまう通告も受けているので、来年はとうとう自分もスマホマジョリティの一人になるんだろうな。

| | コメント (4)

2017/07/27

ぶらぶら

予定なし。朝、ダラダラ起きて飯食う。今まで一度もなかった「ワイキキで海水浴」を実施。
Dsc09771


お盆シーズン前なのか、人少なめ、水まぁまぁ綺麗。テレビニュースでやるような、芋の子洗いは無かった。宿に戻ると、ランドリーで洗濯終わった小池さんが戻ってきて、部屋中に張り巡らせたロープに洗濯物がひらひら風になびいてた。

Dsc09608

昼飯に残り野菜でパスタを作る。トマトが高くて買わなかったので、缶詰のホールトマト使ったら、酸味が強くて困った。こんなものでも外の店で食べると15ドル近くするんだから勿体なくてとても行けない。

昼から一人で市バスに乗って、陸軍博物館へ涼みに。なんせ無料。戦車見たりベトナム戦争の時のへり「アパッチ」見たりして一人でわー、すげぇすげぇと感動したおっちゃん。
Img_1242
地獄の黙示録で?ディア・ハンター?ぢつはベトナム戦争気味の映画結構好きだったりするので、映像思い出した。


折角なんで民宿まで運河沿いに歩いて帰宅。
Img_1260
小学生だったローラー娘が、ここでよく走り回っていたなとぼんやり思い出した。
それにしても、ホームレスの多さは異常。気候のせいか、確かに家がなくても屋根がなくても寝ていられるけど、トランプさんはどういった政策してるの?


晩飯は、野菜スウプとホウレン草の煮浸し。後、近所にあるドライブインの安もんのロコモコと安もんの肉を焼く。
Img_1267
値段上がってた。日本国内で売ってるロコモコとの一番の違いは、肉の下品さと怪しさかな。もちろん、ここの方が圧倒的に下品で怪しくてエロい。

※帰国の日のこともちょっと。
部屋の掃除をしてザックに荷物詰め込んで。ローラー娘は公衆電話に駆け寄ると、必死のパッチで帰る便を探し始める。とりあえず残りわずかな空席を確認して、市バスのバス停へ。自分と小池さんはザック一個切りで来てるから問題ないけど、ローラー娘はスーツケース。本当はスーツケースで市バス乗っちゃだめなんだけど、これも路線と運転手の気分と混雑具合。

Img_1103

空席待ちの列に並ばないとだめかもって思ったので、朝飯抜き。なので空港の外の日陰でピクニック。
自分と小池さんは予備日あるから、乗れなければ野宿する予定。


Img_1105
来るときもバラバラに集合して、帰りもここで解散。ローラー娘の背中を見送り、自分たちもなんとかかんとか飛行機に乗れたけど、

ちょーぜつ格安の旅の最後に待っていたのは、自分たちだけ機内食の選択権がなく、全ての乗客に行き渡ってから、残ったメニューにありつけたこと。

こんな感じで、”旅”は終わった。一番印象に残ったのは、楽しいハラハラ旅を提供してくれたローラー娘。
ありがとう。次は、何度来ても、ハワイって島は貧しい人が多いこと。それと、やっぱり残りの人生、やりたく無いことはやらないでいよう、楽しいと思えることをしていかなきゃダメだ、定年までの日々をカウントダウンして過ごすことは毎日微量の毒を飲んでるみたいで、体によく無いな。

おしまい。


| | コメント (2)

2017/07/26

トラトラトラ

朝刊で、世界的な自転車イベントが終わったことを知る。
Dsc09651
もう、名前を知ってる選手が一人もいない。


ロイヤルハワイアンホテルの朝飯食いに行く。人生最初で最後だと思う。
Dsc09674

ピンク色の外壁は何度か遠目で見て知ってた以外、誰が泊まるのかいくらするのか全然知らなかった。
まともな衣装を全く持ってないので、入れるのか心配だったが、杞憂。

ここで朝飯食べに行くのが流行ってるんだってローラー娘の入れ知恵。
Dsc09661
一人3,500円払って、メイン一品選んで残りはバイキング。
感想は、ん、、、、って感じ。改めて、日本の料理のレベルって凄いなと思った。

食後、ローラー娘と別れて自分と小池さんは市バスに乗り、一度も行ったことのない真珠湾へ。

※市バスは市内をおもっくそ丁寧に網羅してうので、郊外出るまでめちゃくちゃ時間かかります。

観光地としてはどストライクだと思っていたけど、全く日本人いなくてびっくりした。白人ばっかり。開戦の場として、日本人(の観光客は)どう受け止めてるんかな?
Dsc09684
ついにここへ来た。

当時も、この日のように青空が広がっていて、椰子の木揺れてて、芝生でサンドウィッチ食ってる人がゴロゴロしてたんだろうか。そおしていたら雲の隙間から突如日本の戦闘機が現れてばかすか爆弾落として行ったんだろうか。

一瞬で世界が、太平洋が、泡だったんだろうか。

アリゾナ記念館には行かず、潜水艦見学に行く。実は小池さんが、戦闘機や戦車などのメカメカしい乗り物大好き。見学者用ハッチから艦内に入るやいなや、ウォーウォー言いっ放し。(おびただしい計器類に目がらんらんと輝く)。


Dsc09744
魚雷発射のすぐ横に寝泊まりするってどうなん?

Dsc09695
「計器類萌え」の小池さん、目が輝いてる。

Dsc09712


Dsc09713


Dsc09718


Dsc09735
狭くて蒸し暑い艦内は当時を擬似体験させるためだろうか。
狭くて暗い暗黒の海の中での暮らしは、どんな精神状態でいられたんだろうか。

再び地上に戻ると、

当然のように世界は全然泡立ってなくて、売店から漂うホットドックとマスタードの匂い、青空と。

Dsc09745


少し芝生でぼんやりした後、市バス乗って宿のある方へ。


| | コメント (9)

2017/07/25

島も変わってた

ノープラン。ドミトリーのキッチンで朝飯作って勝手に食べて、
Dsc09566
高原野菜のレタスがううまいのはなんでじゃ?あと、毎度のターキーのハムのアッサリは不変だったので安心。


宿でずっと寝ててもいいけどどっかいく?ってことでひさしぶに(サーフィンやったことなのに)バス乗ってノースショアへ。
Dsc09570
※日記にガイドブック的なこと書くと、”旅の理不尽”が味わえなくなるので、コースタイムとか料金とか書かないけれど、ちょっと面白いなと思ったことを。

市バスに初乗りする時、乗り継ぎ券ちょうだいと言って、これをもらう。Aから乗って Bで降りる。Bから別路線のバスに乗る時、運転手に乗り継ぎ券を見せると乗り継ぎ券の白いとこを千切ってくれてCで降りる。Cで用事を済ませて別路線のバスに乗る時、運転手に乗り継ぎ券全てを渡してDまで乗っておしまい。

↑これが約款上の乗り方。けど

「そんなやつおらん」

乗り継ぎ券、2時間という使用リミットも運転手の気分次第。同じ路線の往復に使えるかどうかも気分次第。車内で電話するやつおるわ、犬とサーフボード担いで乗ってくるやつおるわ、生きてるのか死んでるのかわからん状態のおっさん乗ってるわ、こんな???なバス やったかな?って感じ。便利だけどね。

Dsc09619

初めてここへ来たのはローラー娘が小2だから13年前か。人もすくなくて飯屋もあんまりなくて、ぼんやりした田舎ヤナという寂しい印象だったのに、街は車の渋滞、店の中は人で溢れ、かき氷の店は店舗拡大商売繁盛。そして、いぜんよりも目立ったのが乞食のおっさんの多さよ。この街に流れてくれば、食べ物に困らない、施しを受けることができるってことなんだろうか。
Dsc09630
ボブマレーのプリントのスケボー、どう考えてもジャマイカと関係ないやん。ちょっと寂しくなった。もうここに来ることもないかな。

| | コメント (0)

«島の旅なのだ