2021/04/12

ツツジが咲いていた

木蓮が散って、桜が満開になり、さっき外へ夕飯の材料を買いに出たら、歩道のつつじが咲き始めていた。

終わりの見えない”自粛生活”と配属先業務の激変で、もう以前のように毎日日記を投稿する余裕が全く無い。毎日500通を超えるメールを受け止めきれてないまま、自分に関係あるもの無いものの区別、会議の出席依頼とそうじゃない会議の選択。嫌な予感しかしないプロジェクトに毎日心が攪拌されるってことを体現、、、。

なかなか穏やかに定年まで流してはくれない感じ。

Img_7745

やったことの羅列。まず、2年前に買った食洗機が止まった。原因をネットで調べると

Img_7743

漏水センサーに水滴が付いている模様。

Img_7744

センサーといっても、電極が水没する仕組み。コストを優先せざるを得なかったのか、あるいは最初からユーザーを舐めた設計だったのか不明。

Img_7787

大阪の交野市にある「くろんど池」までボルダリングにも行った。指の指紋がなくなるほど頑張ったんだが、うまく登れず。

Img_7775

悔しいので帰宅後、孫氏を連れて自宅前の公園で練習。

Img_7777 Img_7781 Img_7784

ぶら下がった状態から体を上げる。

気がつけば、遊びにきていたちびっこに囲まれるし、パパママたちには遠巻きに見られていたし。

4月10日、久しぶりに晴れたような気がした。どれだけ体がなまっているのか思い知りたくて、芦屋川から有馬まで走ってみた。

Img_7801 Img_7793

ほとんど人に会わないのが不気味。

Img_7802 Img_7804

温泉にもつからず、何より人気のない有馬の不気味なこと。高速バスで梅田に戻り、「大御所酒房」でぬる燗、ハイボールをしばきつつ、どてやきと湯豆腐を。感染対策のアクリル板の無機質なことよ。

翌日の日曜も

Img_7806

自宅から中之島公園を走って往復してみた。空は青いのに、なんで気持ちが晴れないんだろう。

Img_7807

ゴールは銭湯。

小池さんも業爆開始。同じ家に住んでいるけど、顔をあわす頻度としては週に2、3回。

そうそう、孫氏が4月1日から保育園デビュー。朝の登園の騒々しさは予想通り。

ローラー娘も履歴書を連日書く日々。

今年は花粉、ちょっと酷いな。

 

| | コメント (4)

2021/03/25

老化に戸惑ってます

Img_7687

少し前の日曜日、天気がいいので自宅前の公園で、長らく出番のなかったテントを建ててみた(干してみた)。8年ほど前に、デザインと色が素敵だなと思って飛びついたのはいいけど、日本の山岳の気候にどうも合わない(内張がほとんどカヤなので寒い)ので、すぐに国産テントを買ってそれ以来押し入れの中に。

Img_7685

すると、内部は教科書通りの「加水分解」進行中でベトベトに。何がしかの震災にあってどこかの体育館に避難した時のシェルターにでも使おうかな。

Img_7679

今現在のテレワーク環境。書斎とか無いから炊飯器も同居。小さな文字が見えづらいので思い切って(今更かよ、、、)外部ディスプレイを買ってみた。近眼と加齢で「遠くも見えない、近くも見えない」という悲しさ。ところが、昨日ちょっと外へ出る用事があり、春風と陽光の中ママチャリをきこきここいでいたら異変に気がついた。

左右の目の見え方が変だ。

右目と左目の視力は同じだった筈なのに、左がぼやけている。建物を見ると、右目は白い壁で左目はややグレーっぽい壁に見える。状況が理解できぬまま一夜明け、眼科へ。

「ああ、白内障ですね。日帰り手術でホイホイですわ」という医師の言葉の期待に反して下された結果は、

黄斑前膜

リンク先ページの図3アムスラーチャートを眼科内で、左目だけで見ると、縦横の線が全部ひん曲がって見えて愕然となった。瞳孔開いて色々検査してもらった結果も前述の通り。今のところ生活に支障ない(けど気持ちいいものじゃない)から、手術は当面見送り。

何もしていない、誰も悪くない、けど老化って奴はこうやってひたひた忍び足でやって来るんだなぁと、実感。

諦めて色々受け入れていかなきゃな。

| | コメント (6)

2021/03/14

節目

Img_7644

先週末、緊急事態宣言が解除されたので、ロープウェイ使って西穂高の手前まで散歩してきた。久しぶりに広い空の景色を眺めて、冷え切った空気を吸って、よし、年度末の仕事を頑張って新年度もなんとかやって行こうかなって思った矢先、

週明けの会議で、先週内示を受けたのとは全く違う部署移動の内示を受けた。一瞬全ての音が消え、自分だけ宇宙の暗闇に放り出された感覚になり、その後の上司の言葉とか会議の内容をほとんど覚えていない。

通常なら、年度末まで引き継ぎやお客さんへの挨拶やらを予定していたけど、どうも今の上司と次の部署の上司がこっそり握っていたようで、「3月15日から次の部署でフル稼働。引き継ぎはもう丸投げでいいから」と。今の担務も丸4年でようやく自信がつき、製品を気に入ってくれたお客さんとは仕事を離れても飲みに行ったりできる人もいた。まだまだやりたい事が沢山あった。定年まで残り1年半、また一からか、、、。

振り返るのはまだ早いが、サラリーマンになって37年間のうち、”突然の移動”が過去4度あった。

・新人で配属された開発部隊で10年目を迎えたときに、自分一人だけSEの部署へ。毎月残業100時間超えで、もう泣きそうに。

・その3年後にはいきなり営業の部署へ出向し、今で言うひどいパワハラを受け、半年ほど休む。

・回復して放り込まれたのは、元役員クラスから嘱託になったいわゆる「一番扱い辛い人たち」のグループへ。けどそこでも何とか踏ん張り

・今の部署へ来ても色々あり、退職して介護職員になろうとしたりアルバイトの面接受けたりするうち、もがきながらも居場所を作りあと少しだけど、誰かの役に立つモノづくりができればなぁと思っていたのに、、、。

Img_7645

ぼんやりしてても生活は続いていくわけで、在宅の昼休みに買い物に行く。

次の部署の担当者から作業説明を受けるのだが、「来週末で定年退職」する人からレクチャー受けるって意味わからん???

いなくなったら、誰に聞けばええねん?

定年退職日なんて、その人が入社した時から分かっていたことやん、それをギリギリのギリギリまで放っておいて、「あと三日間で引き継げ」ってなぁ、もう開いた口が塞がらん。

そんなわけでもう毎日憂鬱で夜中に何度も目が覚めてぼんやり天井見て朝まで起きてる感じ。

Img_7655

週末に、孫氏と二人で留守番になり寒空だからぼんやり部屋にいたら、部屋のカーテンにくるまって声を殺して目に沢山涙を溜めて寂しい気持ちを抑えてる姿を見てしまった。

ああ、自分とおんなじやん。俺も孫氏も不安に負けてるだけやん。まだ何も始まってないし、誰にも襲われてないのに。

悲しむのは後にしよう、ともかく外へ出ようと二人でサイクリング。

道ゆくデカイトラックを見ては声を張り上げ、地面の段差にタイヤが跳ねては狂喜し、そんなことをずっと繰り返していたら少し気持ちが紛れた。

Img_7662

中之島にいた、多分Youtube撮影の人たち。

辞めるのはいつでも出来る、まだ何も始まってないことに怯えるな、ほんまにアカンと思ったら放り投げて逃げてもええよなと孫氏に聞いたら、よくわからない日本語でうーあーうーあーと

なぐさめてくれた。

じっちゃん月曜、頑張ってみるから。

 

| | コメント (5)

2021/03/05

在宅テレワーク一年

過去の日記を見返して、完全在宅テレワーク勤務がちょうどまる一年経過を知る。長引くだろうなと思ったけれど、事務所を閉鎖して永遠に在宅勤務になることは想像できなかったな。

Img_7578

スパイスカレーばっかりも体に良くないかと思って、中華丼の昼飯作ってみたり。体と気持ちがもう完全に外食を欲っしなくなっている。

先週末、コロナの宣言解除とともに、小池さんと六甲山超えて有馬まで歩いてみた。ハイキング道も随分様変わりしていて、懐かしいやら。下山途中に背後からドタドタ、大勢の足音とぜいぜい言う荒い呼吸の大群に囲まれ、追い抜いていった。

自分は自粛警察でもマスク警察でもないけど、こういうご時世だからこそ、マスクをして少しばかり慎ましい感じ(フリだけでもええから)でいないと「だからトレランの連中は、、、」って思われるんじゃないかな。誰もが望んでいる世界に一刻も早くたどり着くために、まだまだ襟を開くのは早いと思うけど。

Img_7589

銭湯の帰りにサイダー買ってみた。焼酎で割ると楽しい味がした。

Img_7592

別の日の銭湯の帰りには、コロナ買ってみた。けど家にライムないから当面おあずけ。

仕事の方は流行りの「DX」の波が押し寄せてきて、多くの事業部の統廃合が決まり、春から自分も別の部署へ(自宅は変わらず)。

孫氏の保育園探しも難航中。やはりコロナ禍で色々あってちびっこを預けて働きに出ることになった保護者が沢山出始めてるらしい。同時に、ローラー娘の職探しも難しい感じ。お袋のグループホームへの面会も規制が溶けるまでまだ少しかかりそう。多分生きてるだろうけど。

毎年恒例、小池さんの業爆開始とともに、一才の家事労働がのしかかってくるので、今年も頑張らねば。

悲観的なこと書いたけど、朝の散歩は楽しいし続いているし、夜もよく眠れているし、酒も美味い。

今年は桜、どっか見に行きたいな。

 

| | コメント (2)

2021/02/25

牛丼

Img_7575

在宅の昼飯に作ってみた。メニュー的には「並盛り、ネギだく、つゆだく」。

最近の困りごとは、断捨離しすぎて器が無いこと。うどん、蕎麦、ラーメン、カツ丼、牛丼、全部この黒い器でやり過ごしてきた。

ごくたまにしか使わない器を出してきて、珍味をちょっとだけ乗せてちまちまと箸で突きながら酒をグビグビ飲むと美味いだろうなと思ったりしたけど、なんだかもう、たまにしか使わないなら、もういらないかなって思うようになってしまって。

大きな地震が来た後の片付けの虚しさとか色々思い出して、もう食器増やすのはやめた。

インスタントラーメンは、なぜか鍋から食べると美味い。

 

| | コメント (0)

2021/02/24

一ヶ月続きました

ここ最近の動きをダイジェストで。

Img_7554

吉田拓郎の歌声を、孫氏によって破壊されたり、

Img_7560

天気の良かった週末、サンダルと半袖と短パン(電車内は流石にズボンはいた)で、六甲山へ。とても久しぶりに「最高峰」まで登ってみたが、やはりここにも自粛の波か?人があまりいなかった。

次の日も、飽きずに今度は有馬温泉まで。

Img_7563

大阪行きの高速バスを待つ間に、麦飲料をTo Go。けど、このバス停前のビール販売所も「ちょっとやり過ぎじゃないの?」って思えるほどの感染症対策がずらり。かいつまんで表現すると「自販機の中に人間が入ってビールを出してる」という仕組み。

Img_7557

この切ない気持ちを引きずり、向かった先は梅田の地下街。

とうとう緊急事態宣言を自ら破る。けれど、ここでも、ドリンクの注文を聞かれる前にアルコールのスプレーを差し出される始末。喉に入れるより先に手にかけるとは、アルコールが不憫で不憫で。

Img_7565

最後をここで締める。誰とも喋ったりしないけど、裸で自由に振る舞える世界が、今のところ銭湯しかないのは、えらい世界になってしまったとつくづく思う。

Img_7570

翌日はホームが定休日なのでアウェーで入浴。しかし、しばらく行かない間に電気風呂が休止になっていた。

設備全体が老朽化しているので、この先修理しての復旧は望めないかもしれない。自分が唯一入ることのできる電気風呂だったのに。また、どこぞの風呂屋を探して恐怖と闘いながらの電気風呂体験が始まるのか、、、。

ところで、今日でまるまる一ヶ月続いたことが。

「朝の散歩」

在宅で鈍った体をなんとかせんとあかんと窮地に追い込まれ(気持ち的に)、1月24日から幸い天気にも恵まれたので、1日も休むことなく歩き続けられた。歩数にして平均8000から9000歩。時には10000歩を超える日も。住んでる区だけにとどまらず隣の区やその隣の区まで行ったり、猫を追いかけて路地に入り込んでみたり。

楽しみの一つは「モーニングやってる喫茶店探し」。実際には入らないけど、トーストと卵とコーヒーで400円は高いなと思った次の日に、トーストと卵とサラダとコーヒーで380円の店見つけて朝っぱらから嬉しくなったり、コーヒーと焼きそばで500円のモーニング見つけて首を捻ってみたり、モーニングの看板におすすめが「麻婆丼」って書いてあって、激しく動揺してみたり。

こんな些細な楽しい朝がこの先も続きますように。

Img_7571

散歩の途中見つけたスーパーで買いました。

 

| | コメント (2)

2021/02/16

今日もスパイス

Img_7426

「はちみつバーターチキンカレー」の製作と咀嚼。

バターと生クリームとはちみつとニンニクと生姜という最強メンバーをベースに作るともはや敵なし。

それにしても製作時間10分。初期の頃はスパイスもきっちり量っていたけど、もはや基本の三種類でさえ「テキトーに入れとけ」みたいな感じでも大惨事になることがない。なんとも不思議。

最近気になることが。

枕の匂いがほのかにスパイシー。

なぜ。

| | コメント (4)

2021/02/15

いっぽ踏み出してしまった

Img_7403

緊急事態宣言の延長とともに、スパイス部活動も継続。高価なサフランを買ってきて、サフランライスを炊いてみた。カレーの方は、かしわの胸肉を使ったカルダモンチキンカレー。生クリームないからスジャータ投入。サフランもカルダモンも、コロナ禍でなければ一生自宅にお招きすることなかっただろうな。

タイトルの件、

ついに禁欲も限界突破。

早朝、散歩中にウィンドゥから覗くとだーれもいない喫茶店を発見。

Img_7420

モーニングセット420円(税込)をよばれてしまった。朝から見知らぬ喫茶店でトーストをかじり、コーヒーをすするなど、まさに不要不急のエッヂを生きてしまった。

背徳という言葉がぴったりな朝。こういう行いこそが、いつまでたっても感染を防止できない要因なのではないかと切ない気持ちでゆで卵の殻を剥く。

「美味い」

背徳のゆで卵は美味すぎる、、、。

Img_7418

落ち込んだ気持ちと満足した胃袋を抱えて、いつもの道を歩いていると、いつもの柴さんが。

柴さんて、マスクする時、耳にゴムかかるのかな?

 

 

| | コメント (4)

2021/02/09

意地になる

どっこも行ってません。

「もー、ほんまのほんまにどーっこも行ってません」。

Img_7323

節分だった日、納豆巻きを作って、大阪の夜空に向かって軽く豆を撒いたのみ。

Img_7334

外食への興味は皆無に近い。ココナツミルクをもはや毎週のように摂取する。

Img_7401

悪化する腰痛対策で座布団購入。買い物は、近所のAEONに朝7時開店と同時に忍び込むように入店し、必要最低限の物だけを素早く買ってダッシュで帰宅。我ながら、ここまで感染拡大防止に努めねばならんのかと思ったりもするが、去年のような虚無感満載のGWや夏休みはもうゴメンだから、今はとにかく沈殿するしかあるまい、、、と。

酒だけは、相変わらず、日々自粛して、、、おりませぬ。

 

| | コメント (5)

2021/01/31

密なんかないよな

一週間の思い出し日記。

Img_7251

ターメリックライス炊いて、チキンキーマ作ってみた。温泉卵は、沸騰したお湯に卵置いてコンロから外して13分放置。次は15分にしよう。

Img_7312

日曜日の気温6度、前日の夜に「日本狼は絶滅していない、現存している」なんていうのを読んでしまい、このあたりにも茂みに潜んでこちらをじっと見つめているんじゃないかという妄想しつつ神戸港をぼんやりみる。この季節、すれ違うハイカーみんなから奇異な目で見られたけど、思うほど、半ズボンに裸足は寒くないのです。そんなことより、寒風に肌を出すと寒いと感じられることが幸せ。遊んでいる時は本当に楽しいなぁ。

Img_7317

大阪国際女子マラソン観戦グッズを用意して、ゴールまでなんとか寝落ちしないよう頑張るつもり。

ああ、イカの塩辛食べたい、、、。

Img_7271

早くも「うーちゅーぶ」の楽しさに目覚めてしまった孫氏。

この時代に生まれて生きていく人は、当たり前の光景になっていくんだろうか。複雑な気持ちではあるけど、誰かが楽しいと思うことを一緒になって楽しいと思える気持ちは大事かもしれない。

でも、いい天気の日は、公園行こうな。

 

| | コメント (0)

«塩